おしゃれな人とそうでない人、分かれ目はここにあり

110

 

 

同じような服を着ているのに、おしゃれに見える人とそうでない人がいます。この違いはどんなところにあるのでしょうか。簡単だけれどおしゃれな人に見えるポイントをまとめてみました。

 

■ジャストサイズ、ベストサイズが大事

おしゃれな人ほど自分の体のことを良く知っています。好きなブランドがある人は、自分を一番きれいに見せてくれる服だから同じブランドの服を好んで着ているのです。一般的に、体にフィットした服を着たほうが、体型を隠すような服よりもおしゃれに見えます。おしゃれな人は、ジャストフィットで最も美しく見える服を知っています。

 

■色数を減らす

一番てっとり早くおしゃれになるには、服や小物に使う色数を減らすという方法があります。シックなモノトーンがかっこいいように、服も使われている色の数を減らすだけであか抜けた印象に。白×ベージュ、黒×グレーなど2色までに抑えることを基本に、多くても3色までにとどめます。配分もベースとなる2色の割合を8〜9割にし、残る1色はアクセントカラー的に1割程度にすると、配色バランスのよい美しいコーディネートになります。

 

■おしゃれは引き算と心得る

おしゃれな人ほど飾り立てないものです。あれこれとコーディネートしたら、最後に何か一つ抜いてみましょう。余分なアクセサリーを一つ外してみる、バッグを一回り小さいものにしてみる、柄物を一つ減らしてみるなど、引き算するとぐっと都会的で洗練された装いになります。

 

■似合わないものを知っておくことも大事

ファッションは常に新しいパターンやデザインが生まれるので、先入観を持たずにチャレンジし、自分に似合うものを探し当てたいと思います。でも、似合わないものを見つけることも実はとても大事です。本当に似合うものは似合わないものよりも多いのが普通。ですから「これは私に似合わない」というものを見つけたら、むしろそれはラッキー。似合うものに一歩近づいた証拠です。

 

■背筋をピンと伸ばそう

どんなステキな服でも、背中が丸まっていては魅力も半減します。逆に、白シャツにデニムのようなシンプルな服でも、背筋がしゃんとしている人が着ると、潔い美しさが生まれます。姿勢はファッションの重要な要素。おしゃれな人は例外なく、背筋がすっと伸びた美しい立ち姿の人です。

 

(まとめ)

おしゃれかそうでないかの境目は、実はちょっとした点に気をつけているかいないかです。すぐにできておしゃれに見えるポイントを知って、ぜひ今すぐおしゃれな人になってください。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫