アパレル販売員を目指す人必見! 職務経歴書に必要な項目を徹底解説

 

アパレル販売員になるためにはお仕事先となるメーカーとの面接がありますが、その面接で必要となる職務経歴書を書いた経験はありますか?

今回は、職務経歴書を記入するうえで大切なポイントについて解説します。

 

在籍していた会社の概要を記載する

冒頭では、過去に所属していた会社の規模が分かる項目とその会社が運営する代表的なブランド名やブランド数を記載します。

 

株式会社 ABC ○○年設立 資本金○○円 従業員数○○名

事業内容:AAA、BBB、CCCをはじめとする8つの自社ブランドによるアパレル製品の開発、製造、販売、DDD、EEEなどの他社ブランドの委託販売

 

所属していた店舗の規模と実績、担当業務を記載する

自身が所属していたショップの規模やテイスト、携わっていた業務内容、店舗と個人それぞれの売上や実績評価も項目ごとに記載します。

 

2012年10月~2013年11月 AAA(10代後半~20代向けのカジュアルブランド)に所属

○○店(スタッフ数4名)にて販売スタッフとして従事

 

店舗平均売上○○万円 平均達成率 96%

個人平均売上○○万円 平均達成率 82%

 

2013年12月~2016年7月 BBB(20代向けのカジュアルブランド)に所属

○○店(スタッフ数6名)にて販売スタッフとして従事し、2015年10月にサブ店長に昇格

 

店舗平均売上○○万円 平均達成率 101%

個人平均売上○○万円 平均達成率 103%

2014年度 個人売上コンテストにて全国○位

 

【担当業務】

接客販売、売上と在庫管理に関する帳票計算、週報と月報の作成、納返品の処理と確認、レイアウトの立案と実行、レジ締め処理、アルバイトスタッフ教育係

 

自己PRを忘れずに!

職務経歴書の最後には、コミュニケーション力や柔軟性、体力への自信が裏付けできる自己PRを記載し、販売士や色彩能力検定といった資格がある場合も忘れずに記入しましょう。

 

 

これらの項目を分かりやすく記載することで、面接担当者に「会ってみたい!」と思ってもらえる職務経歴書が完成します。

また、接客販売の経験がない場合は、アルバイト時代のリーダーの経験やスーパーやレストランでの接客サービスの経験、無遅刻無欠勤の実績などを記載するようにしましょう。

 

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫