何となく使っている接客言葉、もっといい言い方をしよう!

毎日のようにお客様に対して使っている接客の言葉。

何度も使っているので、決まり文句のようになっている人もいるかもしれません。

でも、実はもっと良い言い方、正しい言い方があります。

 

少々お待ちください

お客様をお待たせする際に「少々お待ちください」と、当たり前のように使っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、よく考えると、お客様に対して「待っていてください」とお願いをしているのと同じです。

ていねいな言い方ではありますが、お客様をお待たせする際に使い言葉としては適切ではありません。

 

お客様を大事にする表現に変えるなら、

「すぐに参ります」

「すぐにお探し致します」

「ただいまお持ち致します」

という言葉を使ったほうがよいでしょう。

 

レジなどでお待たせする際は、順番が来たときに「大変お待たせ致しました」とお詫びの気持ちを込めて使うとよいでしょう。

状況によって、どうしても待っていただかなくてはならない場合、「少々お待ちいただいてもよろしいですか?」とお声がけをするのは問題ありません。

 

■すみません

とても便利な「すみません」という言葉は、接客の場にはふさわしくありません。

日常生活では「すみません」と一言で済んでしまうものも、接客の現場ではシチュエーションごとに使い分けなくてはなりません。

 

たとえば、

お客様に謝る際は「申し訳ございません」

御礼を伝える際は「ありがとうございます」

ひと言添えるときは「恐れ入りますが…」

便利な一言を使い回すのではなく、きちんと意味のある言葉を使うようにしましょう。

 

■こちらは新商品になっております

「〜になります」という敬語は存在しません。

正しくは「こちらは新商品でございます」です。

 

レジで「おつりが○○円になります」というのも、おかしい表現です。

「おつりは○○円でございます」というのが正しい表現です。

あまりによく使われているので、気がつかない人が多いかもしれません。

 

■赤と黒、どちらにいたしますか?

これもよく耳にする間違い敬語です。

「〜いたします」は謙譲語で、お客様を敬う尊敬語ではありません。

尊敬語では「どちらになさいますか?」を使います。

 

■了解しました

「了解しました」は同等の立場もしくは目下の人にしか使いません。

「承知しました」と「かしこまりました」は、いずれも「分かりました」の謙譲語です。

どちらも立場が上の人に対して使う言葉で、厳密に言うと「かしこまりました」のほうが、より丁寧な言い方となります。

ホテルや空港などの接客では、「かしこまりました」を使うのが一般的です。

 

(まとめ)

言葉は正しく使えば、とても美しく、コミュニケーションもスムーズにしてくれます。

よりよい言葉を覚えて、お客様をおもてなししましょう。

【実録!大阪マネキン現役販売員のホンネの話記事一覧はコチラをクリック】

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】