販売員になりたい方へ!採用を成功させる5つのポイント

 

販売員になるためには、面接などの採用試験を受けなければなりません。憧れの販売員として採用されるためには、どんなことに注意して面接に臨めばよいのでしょうか。そのコツをお教えします。

 

■よい第一印象を与える

面接では第一印象が大事になります。第一印象を決めるのは、身だしなみなどの全体的な雰囲気や姿勢、話し方などです。販売員の仕事の現場では初めてのお客様に接することが多いので、相手にどんな第一印象を与えるのかを採用官は見ています。そのことを意識して、明るく清潔感がある雰囲気を作れるように心がけましょう。

 

■会話のキャッチボールをする

面接では、採用官からなされる質問に的確に答える必要があります。スムーズな会話のやりとりを行う能力は、販売員として店頭に立ったときにも、お客様との関係で必要になる能力でもあります。相手の話をよく聞き、相手の立場に立って、相手が聞きたいことを的確につかみましょう。自分が話したいことを話すのではなく、相手が聞きたいと思っていることを話すのがポイントです。

 

■採用官の話をしっかり聞く

実際に店頭に立つ販売員に大切な態度として、人の話をよく聞くということがあります。お客様がどんなことに困っているのか、何を求めて店にいらっしゃたのかをしっかり冷えリングした上で、適切なアドバイスをしなければなりません。ですから、面接でも人の話を聞ける人かどうかを採用官は見ています。

 

■相手のことを考えた話し方をする

受け答えをするときは話し方にも気をつけましょう。相手に伝わりやすいように、ゆっくりハキハキ、明確に受け答えすることが大事です。また、相手の反応を見て、こちらが話していることを理解してもらえているかどうか確認しながら話すことも大切になります。こうした相手を意識した話し方ができているかどうかを採用官は見ています。会話は常に相手があってはじめて成り立つということを理解し、相手に分かりやすい話し方を心がけてください。

 

■自然な笑顔を浮かべて

笑顔は大事ですが、不自然な作り笑顔は逆に印象を悪くしてしまいます。面接試験ですから仏頂面はいけませんが、終始スマイルというのもいただけません。ごく自然に、会話の中でこぼれる笑顔というのが一番素敵な表情です。

 

(まとめ)

販売員として採用されるために必要なことは、そのまま販売員になったときに必要になることでもあります。就職活動を通じて求められるスキルを磨いておけば、いざ仕事をはじめるときにもきっと役に立つことでしょう。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫