20代の転職に必要なスキルはコミュニケーション力

大阪マネキン紹介所の現役販売員オマネキ(仮名)です。

 

20代後半や30代前半に転職を考える人は多いです。

「私の人生このままでいいのかな?」と、最初に考え出すのがちょうど30歳前後です。

 

そういう私も28歳で1度目の転職をし、30歳で2度目の転職をしました。

 

1度目と2度目は就職難の時期で、応募者が殺到したと転職した後に聞きました。

2度目の転職には一人の採用枠に、60人もの応募があったそうです。

 

そこを勝ち残り、めでたく採用されたのが私です。

 

では、私以外の59人よりも私のほうが学歴や技術力があったのかというと、ありませんでした。

 

私より学歴も技術力も経験値も高い人は、他にたくさんいたそうです。

 

私が採用された理由は、

■この人ならチーム内でのコミュニケーションが取れそう

■仕事上での変なクセがついていなさそう

この2点です。

 

高学歴の人や技術力の高い人が採用されると思いがちですが、今はコミュニケーション力が高い人が採用されやすい時代になりました。

 

なぜなら、会社を辞める理由のトップが「社内での人間関係の悩み」だからです。

参考記事→1,000名に聞いた!会社を辞めたい理由ランキングと辞めたいときの対処法

 

そのため、多少仕事ができなくても、スムーズな人間関係を築ける人が、今は企業に求められています。

 

コミュニケーション能力を身に付けるために、お金を払ってセミナーや講座に通う人もいますが、そんなことをしても役には立ちません。

 

なぜなら、どれだけ頭で理解しても、実際に人とコミュニケーションを取る場合、実践で培ったコニュニケーション力には敵わないからです。

 

以前の記事にも書きましたが、私は大学に入るまでは人とコミュニケーションを取ることが得意ではありませんでした。

関連記事→実録!大阪マネキン現役販売員のホンネの話

 

ですが、接客販売のバイトをはじめてから、コニュニケーション力がグングンとつきました。

 

社会に出てから何が一番私の役に立っているかというと、断然「コニュニケーション力」です。

 

20代のうちにコミュニケーション力を付けると、今後の転職にとても有利です。

 

コミュニケーション力を付けるには、実践で身に付けることが一番早いですし、お金もかかりません。

販売の仕事に付けば、お金がかからないどころかお給料をもらいながら、コミュニケーション力を身に付けることができます。

めちゃくちゃお得ですよね!

 

大阪マネキン紹介所の求人案内には短期の仕事もたくさんあります。

まずは、短期の仕事に応募してみて、少しずつ販売の仕事に慣れていくこともできますよ。

 

20代で転職や就職に悩んでいる人は、ぜひ大阪マネキン紹介所の求人検索をしてみてください。

色々なお仕事がたくさんあります!

 

興味のあるお仕事が見つかれば、まずは応募してください。

あなたの登録を待っています!

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】

【現役販売員オマネキのブログ記事一覧はコチラ】