あいまいな季節だからこそ!合い服の上手な選び方(初秋編)

中途半端な季節は、着るものに困ります。

でも、そんな時期だからこそ、ファッションセンスが問われるもの。

季節の変わり目に着る合い服の選び方について、今回は初秋編です。

 

■季節を先取りしたカラーでおしゃれに

暑さも静まり、おしゃれが楽しくなるのが初秋です。

季節を少し先取りするのがおしゃれなので、まだ暑さが残っていても、ぜひ秋の色をファッションに取り入れましょう。

おすすめは、その年の秋冬トレンドカラーを積極的に使うことです。

その年によって、ボルドーやマスタード、モスグリーンなど流行の色が必ずあります。

そういった色をワンポイント的に取り入れることで、季節感のあるおしゃれな着こなしになります。

この季節はまだ暑い日もあり、秋冬素材を着るにはまだ早いことが多くあります。

ですから、夏の素材を色で遊ぶのがよいでしょう。

 

■薄手のコットンカシミヤが使いやすい

この季節はまだ厚手の服は着られませんが、秋を感じさせる素材も取り入れたいもの。

そこで活躍するのがコットンカシミヤ。綿を主素材として、カシミアが少し配合された素材です。

薄手なのでスッキリ着ることができ、カシミアが入っているので綿100%のものよりも高級感があります。

秋が深くなって薄手のコートを着るようになっても、そのまま使えるので一枚持っていると便利です。

 

■長さのある着こなしを意識する

秋を感じさせるには、長さのあるものを取り入れるとよいです。

たとえば、スカートはロングフレアスカートにしたり、ワイドのデニムや、ロングカーディガンなどを取り入れるだけでぐっと秋コーディネートになります。

 

■黒を効果的に取り入れてみる

夏から秋へのファッションの移り変わりを実感する色の一つが黒です。

ノースリーブやフレンチスリーブの服でも、色をブラックに変えるだけで秋を感じさせるコーディネートに変わります。

まだ黒をメインで使う季節ではありませんが、コーディネートのどこかに黒を入れて引き締めることで秋らしい装いになります。

夏服に合わせて、バッグと靴を黒で揃えるだけでも効果があります。

黒を取り入れてもトップスに白をセレクトすれば、陽射しが強い日でも暑苦しくなりません。

秋の深まりに合わせて、黒の面積を広くしたり、白のトップスをベージュやワインレッドなどに変えていくことで、こっくりとした秋色を表現することができます。

 

(まとめ)

初秋は、まだ暑い日があっても秋を感じさせる服装をするのがポイント。

おすすめは秋色を上手に取り入れたファッションにすることです。

お店の服でどんなコーディネートができるか、いろいろ考えてみてくださいね。

【実録!大阪マネキン現役販売員のホンネの話記事一覧はコチラをクリック】

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】