あいまいな季節だからこそ!合い服の上手な選び方(初夏編)

6

 

一年を通して四季の変化がある日本では、暑かったり寒かったり、着るものに悩んでしまう中途半端なシーズンがあります。そんな合い物、合い服の上手な選び方についてお伝えします。今回は初夏編です。

 

■合い服とは?

合い服は、夏と冬の間、春と夏の間など中途半端な季節に着る服装のことをいいます。この季節は気候や気温が安定しない時期ですが、暑くもなく寒くもないので、おしゃれが楽しめる季節でもあります。この季節に着る服は、デザインよりも素材が大切になります。

 

■初夏は綿・麻をフル活用

初夏のファッションにおすすめな素材は、綿です。吸湿性があるので、汗ばんでもサラッとしていますし、軽いので重ね着するのに最適です。麻も同じようによい素材です。通気性がよくて洗うほどに柔らかさが増し、そのまま夏まで活躍してくれます。透け感のあるレーヨンも季節感があるのでおすすめです。

 

■袖の長さで着分けるのもおすすめ。

女性のファッションは袖の長さにバリエーションがあるので、中途半端な季節にちょうどいい服を選ぶことができます。長袖だけでなく、ひじが隠れる長さの7分袖(スリークオーターズ)やひじまでの5分袖(ハーフスリーブ)なども揃えておくと、気温によって着分けることができますし、重ね着したときも着ぶくれしません。

 

■上手な重ね着で調節を

この季節を上手に乗り切るには、羽織ものを活用するのがポイントです。まだ肌寒い日は薄手のカーディガンなどがおすすめです。カジュアルに着こなすなら、シャツをアウターとして羽織るのもおすすめです。

 

■着回ししやすいオーソドックスな色がよい

重ね着を前提に考えると、羽織ものの色はできるだけオーソドックスで着回しがきくものを選ぶようにしましょう。白黒は何にでも使えるオールマイティな色です。その他にも春先であればベージュも可愛らしいですし、紺も若々しい装いになります。まず購入するなら、こうした色を揃えておくと安心です。

 

 

■小物づかいでおしゃれ度アップ

重ね着と同じように使えるのが、スカーフなどの小物です。小物なら色柄で遊ぶこともできますし、ベーシックな服にきれいなバリエーションをつけることができます。スカーフ選びのコツは、大胆で華やかな色柄を選ぶこと。初夏の明るい雰囲気にぴったりの、アクセントになるようなものを選ぶとよいでしょう。

 

(まとめ)

中途半端な季節の着こなしには、おしゃれのセンスが出てしまいます。販売員なら、ぜひよいアドバイスをしてお客様をセンスアップしてあげましょう。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫