あのお店で働きたい!選ばれる販売員になるための3つの秘訣

2

 

販売員を目指している方の中には、特定のショップやブランドの販売員になりたいと思っている方もいるでしょう。そこで、希望するショップやブランドの販売員に応募するときに選ばれるためのコツをいくつかお教えします。

 

■なぜそのブランドが好きなのか

人気ブランドやショップの販売員は、ほとんどがそのブランドやショップのファンです。好きでこれまでたくさん使ってきたからこそ今度はお客様にその魅力を伝える側に回りたい、大好きなものに囲まれた仕事をしたいと考えて応募する方がほとんどです。ですから、応募するときは、なぜそのショップやブランドが好きなのか、しっかり考えてアピールしましょう。何となく好きというのでは、他の応募者に負けてしまいます。

 

■好きな商品を一つ決めておく

商品の中で好きなものを一つ決め、商品の魅力を自分の言葉で伝えらえるようにしておきましょう。どんなところが好きなのか、どんなシチュエーションで使ったのか、その商品にまつわる個人的なエピソードもあれば、なお可です。商品に対する愛情を具体的なエピソードとともに語れるようになっていれば、きっと採用官の心に響くはずです。

 

■歴史や由来を知っておく

人気ショップやブランドには、必ず独自の歴史があります。ショップやブランド成立の由来は多くの場合、商品や接客などのコンセプトとして受け継がれていますから、歴史を知っておくことは販売員として、とても大切なことです。そのショップやブランド「らしさ」を正しく理解しておきましょう。ショップやブランドの成り立ちだけでなく、定番商品がある場合には、その歴史や特徴も知っておくとよいでしょう。

 

■具体的にどんな接客をしたいのか考えておく

ショップでもブランドでも好きだと思う気持ちの中には、お客として訪れた際の販売員の接客の思い出も含まれているものです。今度は自分が販売員として、どのような接客をそのショップやブランドでしたいのか、しっかり考えておきましょう。たとえば、お客様に居心地よく過ごしてもらいたいなら、具体的にどんなことをしてあげたいのか、どんな言葉で応対したいのかまで考えておくと、実際の仕事ぶりが伺えるので、選ばれやすくなります。

 

(まとめ)

憧れの店で働くことは、販売員にとってとても嬉しいことです。自分の魅力をアピールし、商品や店への愛を伝えることができれば、きっと採用されるはずです。上記に挙げたことをもう一度自分なりに洗い出してまとめておけば、選ばれる販売員になれるでしょう。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫