お客様に教えてあげたい上手な服の収納法

 

 

 

お客様の中には服は大好きだけれど、収納するのが苦手という方が少なくありません。お客様にたくさんの服を楽しんでいただくためにも、収納のアドバイスをしてあげましょう。

 

■物の種類ごとに分ける

アウターやトップス、ボトムス、バッグ、スカーフなど、物の種類によって収納を分けます。同じ種類の物をまとめたほうが形やサイズが統一されているので見た目スッキリ、いつもきれいな収納が可能になります。また、どんな色柄の物があるのか一目瞭然なのでコーディネートを考えやすくなります。身につけるときも、順番に選んで合わせていくだけなので急な外出のときでもスピーディーに出かけられます。

 

■使用頻度ごとに収納する

収納は使いやすさが基本です。よく使う物はまとめて手前のすぐ取り出せる場所に収納し、季節ものなど活躍頻度の低い物は奥に収納しておきましょう。奥からガサガサ物を取り出さずに済むので、収納スペースはいつもきれいなままを保てます。

 

■数が多いものは見える化する

Tシャツなど何枚もあるものは、在庫管理をして二度買いを防ぐためにも、できるだけ見えるように収納します。たとえば、上下に重ねて引き出しに入れるのではなく、手前から奥へコンパクトに畳んで収納すれば、どんな色柄のものを持っているのかすぐに分かります。イメージとしては「縦に、立てて」収納する感じです。

 

■押入れにはキャスター付き&ハンガーラックを

和室にある押入れは、なかなか使うのが難しい収納スペースですが、ここを活用しないともったいないことに。まず、下段はキャスター付きの収納ボックスをおすすめします。かがんで物を取り出さなければならずデッドスペースになりやすいので、できるだけ手軽に引き出せる収納がベスト。掃除もしやすくなります。上段にはハンガーラックを置きましょう。クローゼットのハンガーだとどうしても下のほうがスカスカになってしまいデッドスペースになりやすいのですが、この点押入れの上段なら空間をムダにせずに済みます。

 

■同じ収納ボックスで見た目すっきり

気に入った収納方法が見つかったら、収納ボックスは同じものを揃えると見た目も美しくインテリアにもなります。スタッキングできるものや好きな高さ・サイズにカスタマイズできるものもあります。

 

(まとめ)

「もっと服を買いたいけど収納場所がなくて…」というお客様が来店したときには、ぜひここで紹介したような収納のコツを教えてあげてください。片付け方が分かれば、きっと、お店でのお買い物をもっと好きになってくれるはずですよ。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫