アパレル販売員に転職する場合に気をつけたいこととは?

これまで働いていた仕事を辞めて、アパレル業界に転職する方もいることと思います。

これまでとは違う販売員の世界にチャレンジするときに知っておきたい、基本的な知識についてまとめてみます。

 

■販売員は接客業である

店舗販売員は、いわゆる接客業の一つです。

店に来店したお客様を応対する仕事です。

ここで注意したいのは、販売員は営業職ではないということです。

物を売り込む仕事だと考えてしまうと、仕事がうまくいきません。

もちろん扱っている商品を買っていただくためにいるわけですが、あくまで主役はお客様で、大事なのはゲストを「もてなす」という気持ち。

くれぐれも「買わせる」という考えは起こさないようにしてください。

 

■話すのではなく「聞く」

接客と聞くと、こちらから一生懸命話しかけるというイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、接客の基本はこちらから積極的に話すことではなく、相手の話を聞くことです。

お客様が何を探して店にいらしたのか、何を探しているのか、どんなことに困っているのかなど、しっかりヒアリングすることが大切です。

 

■自分のモチベーションを上げるものを持っておこう

販売の仕事は、接客したら必ず売れるというわけではありません。一生懸命接客してもうまく応対できなかったり、売上に貢献できないこともしばしばあります。

毎日店頭に立っていると、なかにはお客様からクレームを受けることもあります。

そんなときにいつまでも落ち込んでいては販売員の仕事は務まりません。

自分でうまく気分をコントロールできるように、モチベーションを自ら上げる方法を何か持っておくようにしましょう。

 

■お客様に興味を持って接する

接客で大事なことは、お客様の心を開いてもらうことです。

しかし、お客様のことを単に物を買っていただくだけの相手という考え方でいると、それがお客様にも伝わってしまい、決して心を開いてもらえません。

お客様に心を開いてもらうには、こちらがまず正しい興味・関心をお客様に対して持つことが大事です。

どんなことが好きな方なのか、何をすることに楽しみや喜びを感じる方なのか、誰のために何を買おうとしているのかなど、お客様にきちんと関心を寄せて、観察し、声がけや応対をすることで、お客様は心地よい親近感を抱き、心を開いていろいろな相談をしてくれるようになります。

 

(まとめ)

販売員の仕事はとても魅力的で楽しい仕事です。

この職業に転職するなら、ここでご紹介したことを頭に入れて、楽しく仕事をして成功を収めてくださいね。

【実録!大阪マネキン現役販売員のホンネの話記事一覧はコチラをクリック】

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】