知っていると便利!接客の際の手の使い方について

 

 

接客をする際には、身振りや手振りも大事な接客ポイントになります。特に、手の動きによって、お客様に与える印象が大きく変わります。どんなふうに手を使うとよいのかお教えしましょう。

 

■モノを手渡すときは必ず手を添える

基本的なことですが、お客様にモノをお渡しするときは、決して片手で渡してはいけません。片手て渡されると、お客様はいい加減に扱われていると感じてしまいます。どんなに小さなモノでも、必ずもう片方の手をそっと添えて渡すようにしましょう。これだけで、ぐっと上品な印象になります。

 

■あいている手をブラブラさせない

何もしていないときでも、手をブラブラさせるのは止めましょう。暇そうに見えますし、だらしない印象を与えてしまいます。とはいえ、後ろ手に手を組むのは偉そうですし、腕組みをするのは威圧的な感じを与えます。両手は体の前でそっと手のひらを合わせるようにしておくとスマートです。

 

■モノを人差し指で指さない

モノを指し示すときは、人差し指で指さないようにします。人差し指でモノを指すのはカジュアルな方法なので、友達同士ならいいのですが、お客様に対してはよくありません。何かモノを指し示すときは、親指以外の4本の指を揃え、手のひら全体を使って指し示すようにしましょう。お客様に方向を示すときも同じです。

 

■笑うときに口を手で押さえない

笑うときに手で口元を隠す人がいますが、接客としてはNGです。口元を隠して笑うのは心を開いていないという心理の表れだという人もいますし、せっかくのスマイルをお客様に届けることができません。笑顔は最大の接客ツールですから、素敵な笑顔を手で隠さないようにしましょう。人は話相手に同化するものなので、販売員から笑顔を見せることで、お客様にも自然と笑顔が生まれます。

 

■髪や顔、服をやたらにいじらない

自分の髪や顔をいじるクセがある人は直しましょう。人前で髪の毛をいじるのは不潔な印象になりますし、まつげなど顔をいじるのも、子どもっぽい印象を与えます。身だしなみを整えるくらいなら問題ありませんが、自分の服装をやたらと気にしていつも触っているのも、自己中心的なイメージでよくありません。こうした動きは余計な動きなので、落ち着かない印象を相手に与えてしまいます。

 

(まとめ)

顔の表情には気をつけていても、手の動きにまで意識を向けている人は少ないかもしれません。人が人を見るときは、顔だけでなく全身の様子をトータルで見ているものです。ぜひ、手の動きにも注意して、エレガントな販売員を目指してくださいね。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫