知っておこう!すてきと呼ばれる配色バランス

ファッションが多様化することは楽しいことですが、そのぶん上手な着こなしが難しいと感じている人も増えています。

せっかくの服も着こなし次第で、良くも悪くもなってしまいます。

ここでは、すてきに見える配色バランスについて学びましょう。

 

 

色合わせには3種類のカラーがある:

配色バランスを考える際には、3つのカラーを意識することが大事です。

■ ベースカラー

■ アクセントカラー

■ アソートカラー

の3つです。

 

これはファッションだけでなくインテリアなどにも使えるので、覚えておくと便利です。

 

ベースカラーは、全体のイメージを決める色で、コーディネート中に最も多く使う色です。

アソートカラーは、ベースカラーを補い引き立てる色で、ベールカラーの類似色を選ぶと間違いがありません。

アクセントカラーは、全体を引き締める色です。

 

大事なのは、この3つのバランスです。

一般に、以下の割合で使用すると美しくみえるといわれています。

ベースカラー:アソートカラー:アクセントカラー = 7:2:1

 

コーディネートを考える際は、まずはベースカラーを決めます。

その後、アソートカラー、アクセントカラーをつけ加えていきます。

アクセントカラーは分量が少ないので、スカーフやネクタイ、バッグなどの小物に使うと上手に使えます。

 

 

3色以内にまとめるのが基本:

合わせる色はベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの3色にとどめるのが基本です。

これ以上使ってしまうと、何がベースで何がアクセントか分からなくなります。

 

 

アクセントカラーを意識するとおしゃれに:

アクセントカラーが全体の1割程度しか使わない色ですが、コーディネート全体を引き締める大切な色です。

たとえば、紺×白の服に黒のバッグはアクセントカラーとはいいません。

全体になじみすぎているからです。

このコーディネートであれば、バッグは鮮やかなオレンジ色やイエローなどが良く似合います。

 

 

アクセントカラーなしもOK:

「ビビッドな色合いを使いたくない」

「コーディネートを優しくまとめたい」

という場合は、全体を同系色でまとめる方法もあります。

 

この場合は、白を基調とする場合は白を含むベージュやライトグレーなどの明るい色合いを重ねたり、同じ白でも素材を変えて、質感の異なる着こなしをすることで変化をつけます。

 

 

膨張色×膨張色にしない:

春先はパステル系の柔らかい色合いの服が増えますが、ブラウスもスカートもパステル系では、全体がぼやけてしまいます。

膨張色を使いたい場合は、上下いずれかを濃い色(収縮色)にすると、バランスがよくおしゃれに見えます。

 

 

(まとめ)

配色はセンスと思われがちですが、いくつか決まったルールがあります。

服を選ぶ際は、少し気にかけるだけで、着こなしがぐっとおしゃれに見えます。

ここでご紹介したことを、ぜひ自分のプライベートとお客様へのアドバイスに役立ててくださいね。

【実録!大阪マネキン現役販売員のホンネの話記事一覧はコチラをクリック】

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】