販売員になれば痩せられる? 意外と高い立ち仕事の消費カロリー

img04

これからの季節、アパレルショップの販売員は梅春商品といわれる春物を着て店頭に立つ時期です。 そして薄着になるこのシーズンは「ダイエット」の4文字が気になると思いますが、販売員の基礎となる立ち仕事では、知らないうちにダイエット効果が現れるくらいのカロリーを消費しています。 今回は、販売員が一日に消費するカロリーと、ダイエットにつながる簡単な方法を紹介します。

 

一日の勤務で消費できるカロリーは?

人が一日で消費するカロリーは、年齢・性別・体格・筋肉量などによって変動しますが、一般的な成人男性が立ち仕事で消費するカロリーは約170キロカロリー、25歳の女性(身長160cm・体重52kg)の場合では約120キロカロリーです。
上記の女性が一日8時間立ち仕事をすると、約960キロカロリーの消費となります。

 

一日に必要なカロリーは?

先ほどと同じ条件の女性の基礎代謝(なにもしなくても消費されるカロリー)は、約1331キロカロリーなので、立ち仕事で消費される960+基礎代謝の1331=約2291キロカロリーを超えない食生活を送ることで、自然とダイエットにつながります。

 

おすすめの食事メニュー

一日2291キロカロリーの食事となるとかなり高カロリーなメニューになるので、そのカロリー以下のメニューでも充実した内容の食事を摂ることができます。
朝食で650キロカロリー・昼と夜で750キロカロリーずつの食事でも2150キロカロリーとなるので、一日で約840キロカロリー分のダイエットができたことになります。
そしてカロリーだけではなく、なるべく多くの品目を食べてバランスのとれたメニューを心がけましょう。
下記のカロリーは参考までに。
・焼き魚定食 約600~700キロカロリー ・幕の内弁当 約600~750キロカロリー ・ミートソーススパゲティ 約713キロカロリー ・カツ丼 約795キロカロリー

 

立ち仕事は大変なイメージがあるかもしれませんが、慣れると辛さを感じずにこなすことができます。アパレルショップの販売員にスタイルが良い人が多 いのは、自然とダイエットができる立ち仕事ゆえのこともあるかもしれませんね。どんなショップでも自信を持って仕事ができる、心身ともに魅力的な販売員にな りたいですね♪

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫