大阪マネキン紹介所に登録するメリットとは?

 

 

3月も後半に入り、本格的な春もすぐそこまで来ていますね。

気温が高まり入店客数が増えるこのシーズンは、アパレル業界では「実売期」といわれる時期に入り、メーカーからの求人数も多くなります。

 

では、希望するメーカーへの応募は、個人で行う場合と大阪マネキン紹介所に登録した上で行う場合とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

今回は、大阪マネキン紹介所に登録するメリットについてお話しします。

 

応募条件を事前に知ることができる

おおまかな応募条件は一般的な求人欄にも記載されていますが、お仕事先となるブランド名や商業施設名などはメーカーとの面接当日に知らされるケースも珍しくありません。

その点、大阪マネキン紹介所に登録すことで、それらの詳細を事前に知ることも可能です。

面接前に細かな情報を把握することで、より希望に近いブランドやメーカーを紹介してもらえます。

 

希望する勤務地から探すことができる

好きなブランドの面接を通過したとしても、そのメーカーが運営している店舗へ配属となるため、希望する地域にショップがなければ希望とは違う地域に通勤することになります。

大阪マネキン紹介所に登録した場合であれば、希望する勤務地をベースに探すことが可能です。希望した地域にあるショップなら、日々の通勤疲れを事前に回避することが可能です。

 

不安要素が軽減される

大阪マネキン紹介所に登録したあとはコーディネーターとのカウンセリングを行うので、不明点や不安なことなども事前に聞くことができます。メーカーとの面接に必要な対策サポートも受けられるため、面接を個人で受ける場合とでは心強さと安心感が大きく変わってきます。

 

 

このほかにも、希望する勤務日数や時間などをベースにした求人を探すことも可能です。

大阪マネキン紹介所に登録することで得られるメリットは、条件のみではなくメンタル面にも大きなプラスとなります。

好きなアパレルショップの販売員になるためにも、大阪マネキン紹介所のシステムをどんどん活用してくださいね♪

販売職が初めてでも大丈夫! スムーズな接客対応ができる3つのコツ

 

まだまだ肌寒い日もありますが、アパレル販売員を目指すみなさんのなかには、すでに春物を買われたかたもいるかもしれませんね。

 

洋服などをお店で買うときは、ほとんどのお店で接客してくれますが、いざ自分が接客する立場になると、「どうしたらいいのか分からない……」という不安もありますよね。

そこで今回は、販売職が初めてのかたのためにも、スムーズな接客対応ができる3つのコツをお話しします。

 

商品を覚える

接客するうえで最も大切なことが、商品を覚えることです。

展開しているサイズとカラー・プライス・在庫状況など、可能な範囲でその商品の情報を把握しておきます。

これらが分かっているだけでも、お客様からの質問にもスムーズに答えることができます。

洋服であれば、暇な時間を利用して試着し、その着心地なども知っておくといいでしょう。

 

店頭にある素材の知識を身につける

さまざまな種類がある素材をすべて覚えるにはある程度の経験が必要ですが、店頭で展開している商品の素材から先に覚えてみましょう。

素材の名称・メリット・デメリット・伸縮性や透け感の有無・クリーニング方法など、一般的に必要な知識を身につけたいですね。

春夏シーズンであれば、コットン・ポリエステル・ポリウレタン・合皮・レーヨン・麻などを把握しておくのがおすすめです。

 

デザイン名称を覚える

靴や洋服のデザイン名称も、販売員の基礎知識として身につけておきたいスキルです。

アイテムそのものの名称はもちろんのこと、襟や袖のデザイン名称も把握しておきましょう。

襟のデザイン名称であれば、クルーネック・Vネック・スクエアネック・ボートネックなど。

袖であれば、ノースリーブ・フレンチスリーブ・ベルスリーブなども知っておきたいですね。

 

 

 

洋服に限らず、デザイン名称などはじつにたくさんの種類があります。

ファッション雑誌を参考にしたり、ショップの先輩に聞くなどしながら、少しずつ覚えていくのが理想的です。

販売職が初めてでも積極的に学ぶことができる人は、求人を出すメーカーからも歓迎される人材にもなれます。

 

どんな人が販売員に向いている? アパレル業界で求められる4つの資質

 

少しずつ暖かくなる3月は、春物を買い求めるお客様が増え、アパレル業界では「実売期」といわれるシーズンに入ります。

それにともない、メーカーから紹介所への求人数も増えるため、販売員を目指すみなさんにとってチャンスの時期でもあります。

 

大阪マネキン紹介所に登録をされたかたで販売職が初めての場合、「私は販売員に向いているのかな?」という不安があるかたもいらっしゃいますよね?

 

今回は、そんな不安を解消するためにも、販売員に必要な資質とはどのようなものなのかをお話ししたいと思います。

 

洋服やファッションに興味がある

お客様に洋服を買っていただくことがメインの仕事となる販売員は、洋服やファッションに興味があることが大前提となります。

好きだからこそ多くの知識を身に付けたくなり、お客様へのコーディネート提案なども真摯に行うことができます。

 

コミュニケーション能力がある

販売員が接する人はお客様に限らず、ショップ内のスタッフ・社内で働く従業員・近隣のショップスタッフ・商業施設の関係者など、たくさんの人たちとの関わりがあります。

どのような人に対しても感じの良い対応ができる、基本的なコミュニケーション力が不可欠となります。

 

柔軟性を持ち合わせている

さまざまなタイプのお客様を接客する販売員には、状況に適した対応ができる柔軟性も求められます。その時々で臨機応変な対処ができる販売員なら、どのような職場でも問題なくお仕事ができます。

 

健康である

納返品作業・棚卸し・セールなど、体を使う業務も多い販売員は、健康である必要があります。休憩時間以外は立ちっぱなしで過ごすので、体力に自信のあるかたに向いている職種ともいえます。

 

 

 

健康や体力などはもとから持ち合わせている部分ではありますが、コミュニケーション力や柔軟性は働きながら伸ばしていくことも可能です。分からないことは素直に聞き、いろいろなことに興味を持つことができる人であれば、お客様やメーカーが求める人材へと成長していけます。

 

できる販売員がやっている! おしゃれなヘアメイクのつくりかた

おはようございます。大阪マネキン紹介所です。

 

大阪にはさまざまな商業施設があり、たくさんのアパレルショップがあります。

そして、求人を出しているいくつかのお店を見に行った経験があるかたもいると思いますが、どのショップの販売員を見ても洋服だけではなく、ヘアメイクもおしゃれにしていますよね。

 

今回は、これからアパレルショップの販売員を目指すみなさんに実践していただきたい、 “販売員らしいヘアメイクのつくりかた” を紹介します。

 

ブランドイメージに合わせましょう

ブランドの商品を取り扱う販売員は、そのブランドイメージに沿ったヘアメイクをすることが大切です。イメージの統一化を図るために、シーズンごとにヘアメイク講習を行うブランドも少なくありません。

 

シーズントレンドを取り入れる

洋服と同じように、ヘアメイクにもシーズントレンドがあります。トレンドのすべてを取り入れる必要はありませんが、季節に合わせてカラーなどに変化を付けるのがおすすめです。

自分に似合うカラーやヘアスタイルをベースに、トレンド要素をプラスしてみましょう。

 

清潔感を大切に

どんなにおしゃれにしていても、マニキュアが汚くはがれていたり顔がテカテカになっていては、清潔感のあるイメージからは遠ざかってしまいます。日ごろのケアや休憩時間でのメイク直しで、いつもおしゃれで清潔感のある販売員を目指しましょう。

 

作業のしやすさも考慮する

アパレルショップの販売員の仕事は、商品の検品やストック整理、ときにはPCを使う作業など、販売以外の業務もたくさんあります。

これらの業務の妨げにならないようなヘアスタイルとネイルを心がけましょう。

前髪が顔にかかり落ちてきてしまうヘアスタイル、長すぎる爪や極端なネイルアートやデコレーションも業務には適さないデザインとなります。

 

 

一見するとトレンドを取り入れているだけに思える販売員のヘアメイクですが、今回紹介したようなさまざまなポイントを取り入れながら、ビジュアルを磨いていくのが理想的です。

お客様に好感を持たれる清潔感と最先端のおしゃれを意識して、たくさんの人から憧れられる販売員を目指していきたいですね♪

 

大阪マネキン紹介所の最新求人情報はこちらから