いま大流行の素材!オーガンジーについて知っておこう

 

 

 

ここ数年、女性のアパレル商品で大人気なのが、オーガンジーです。でも、オーガンジーとはどんな素材なのか、あまりよく知らないという販売員もいるのではないでしょうか。そこで、いま注目のオーガンジーについてご紹介したいと思います。

 

■オーガンジーとは?

オーガンジー(organdie)は、薄地の布のことをいいます。基本的には綿ですが、ポリエステルやレーヨン、シルクなどもあります。軽くて薄くて透け感がある綿のことを総称していいます。手触りはかためで、薄いのにしっかりしています。リボンの素材としても多く使われており、透けるほど薄いにもかかわらず硬さがあるので、しっかりとしたリボンのループを作ることができます。

 

■オーガンジーレースも人気

オーガンジーはリボンだけでなく、レース生地としてもよく使われています。オーガンジーレースは、薄くて軽いオーガンジーの生地の上や端などに、さらに繊細な刺繍をほどこしたもので、生地と刺繍両方の魅力を楽しめるレースです。

 

■シフォンとの違い

シフォン素材も、オーガンジーのように軽くて透け感がある素材ですが、オーガンジーはハリがある素材なのに対し、シフォンはあくまでフワフワとした柔らかさが特徴です。スカートでは、ひだのふくらみを強調したり、ボリュームを出したいときにはオーガンジーがよく、ふんわりとした質感を大事にしたい場合にはシフォンを使います。

 

■チュールとの違い

チュールとは、新婦のヴェールやバレエのパニエに使われている生地です。オーガンジーとよく似ていますが、織り方が異なっています。オーガンジーは平織りで、チュールは六角形などのメッシュ(網)織りです。そのため、チュールのほうが触ったときにざらついた感じがあります。ドレスやスカートによく使われている素材の一つです。

 

■サテンとの違い

サテンは、生地ではなく織り方の名前です。日本語では朱子(しゅす)織といいます。織物は縦糸と横糸で織っていきますが、サテンは縦糸が生地表面に多く出るようにする織り方なので、仕上がりに美しい光沢が出るのが特徴です。肌触りが滑らかで柔らかく、とても上品な素材といえるでしょう。ただし、オーガンジーのような平織りよりも摩耗に弱いというデメリットがあります。

 

(まとめ)

オーガンジーは最近よく見かける素材ですが、いざどんなものか聞かれると意外に分かっていない素材でもあります。販売員としては、こうした知識もしっかり持っておき、お客様に聞かれたらすぐ答えられるようにしておきたいものですね。

夏に大活躍!ぜひおさらいしておきたいノースリーブ

 

 

 

夏に出番が多くなるのが、ノースリーブ。袖なしの服一般を指しますが、実はいろいろな種類があります。アパレルの販売員なら、その違いが分かるようにしておきたいもの。ここでマスターしておきましょう。

 

 

■スリーブは「袖」

まず、スリーブ(sleeve)は「袖」を意味します。ノースリーブで「袖がない」という意味です。ちなみに、長袖は、Long-sleeve shirt、半袖は short-sleeve shirt、七分袖は、Three Quarter Sleeve Shirt(スリークォータースリーブ)といい、ノースリーブはno-sleeve shirtもしくはsleeveless shirtといいます。

 

■キャミソール

ノースリーブの一種で、フランス語です。細い肩紐が特徴で、肩の露出度が高いのが特徴です。インナーウェアもありますが、キャミソールドレスのように服もあります。インナーとしてはスリップも似ていますが、キャミソールはウエストまで、スリップはウエストから下まである長い丈のものを指すのが一般的です。

 

■ホルターネック

キャミソールのうち、肩ひもを首の後ろで結ぶタイプのものをいいます。背中が大きく開いているのが特徴です。 ホルターとは、牛や馬の口につけて引っぱる手綱のことです。

 

■タンクトップ

ノースリーブの一種がタンクトップです。もともとタンク(プール)で着る水着(タンクスーツ)に形が似ていることから、こう呼ばれるようになったといわれています。肩部分はキャミソールと比べると幅広になっています。

 

■ランニング

こちらは袖なしでも、男性用下着やスポーツ用のシャツのことをいいます。ランニングという英語はなく、英語では全てSleeveless shirt、つまりノースリーブになります。同じ形状でも、女性用になるとタンクトップと呼ばれているようです。

 

■アメリカンスリーブ

肩が出ている点ではノースリーブですが、首周りにも布地がある服をいいます。普通のシャツのような形だけれど、肩が露出してるものをアメリカンスリーブといいます。

 

■フレンチスリーブ

アメリカンスリーブよりも肩が隠れている服をフレンチスリーブといいます。半袖よりは短い袖で、女性のファッションでよく見かけるタイプです。女性らしい肩のラインを出すことができ、最近は袖がフリルになっているものが人気です。袖は一応あるので、厳密にはノースリーブとは言いがたいかもしれません。

 

(まとめ)

ノースリーブには意外にもいろいろな種類があり、バリエーションに富んでいます。店に新作が入荷してきたら、どのタイプなのかチェックしてみてくださいね。

販売員なら知っておきたい!高級コットンの種類について

 

 

 

「コットン」=綿製品ですが、実はいろいろな種類があることをご存じでしょうか。コットンは世界100カ国以上で生産されている素晴らしい素材です。アパレル製品にも数多く使われているコットンの種類についてご紹介します。

 

■エジプト綿

とても有名な綿ですが、生産量が少なくとても貴重なコットンです。ナイル川流域で栽培されている超長綿と呼ばれる長い綿です。綿には長さがあり、長いものほど高級になります。中でもギザコットンは最高級品といわれ、スーピマ綿・新疆綿と並んで、世界三大綿といわれています。エジプト綿にはシルクのような光沢があり、艶やかな仕上がりになるのが特徴です。

 

■スーピマ綿

アメリカで生産されているコットンです。アメリカではいくつかの綿が生産されていますが、その中でもスーピマ綿が最高級品です。スーピマとは、Superior Pima(高級ピマ種)のコットンであるという意味があります。こちらもエジプト綿と同じように超長綿の一種で、長さが35mm以上あり、豊かな肌ざわりに特徴があります。

 

■新疆綿

中国の新彊ウイグル自治区で生産されているコットンです。中国は世界一の綿花栽培国で、中でも新疆綿は最高級品です。過酷な砂漠地方ですが、カレーズと呼ばれる地下水路を通って天山山脈の雪解け水をふんだんに使うことができ、こうした特性が白くて美しい綿を育てています。新疆綿は、天然の油分を多く含んでいるので素晴らしいツヤが自慢です。新疆綿の中にもランクがあり、タオルやTシャツの素材として使われる汎用綿から、最高級ランクの新疆綿まで種類が豊富です。

 

■シーアイランドコットン

日本語では「海島綿」とも呼ばれています。カリブ海で栽培されている非常に貴重な綿で、シルクのようなツヤとカシミヤのような肌触りがあります。「幻のコットン」とも呼ばれ、かつてはイギリスの王侯貴族だけが手に入れることができるコットンでした。日本に輸入されるようになったのも、ここ40年ほどのこと。薄手の高級ニットで有名なジョン スメドレーは、「JOHN SMEDLEY’S シーアイランドコットン」と呼ばれる、シーアイランドコットンの中でも最も長い繊維だけを使用し、さらに独自の技術を駆使して、きめ細かなニットに編み上げています。素晴らしい製品は、やはり厳選された素材があるからこそ生まれるのでしょう。

 

(まとめ)

知れば知るほど奥深いコットンの世界。コットンに詳しくなると、店の商品に対する知識や愛着が深まることでしょう。お客様にもぜひ教えてあげてくださいね。