お店で必ず使うあいさつ “8大接客用語” をマスターしましょう

紹介先でのお仕事で必ず使う “8大接客用語” についてお話しします。

8大接客用語を使う際のお辞儀の角度もお伝えしますので、立ち姿勢や表情なども意識して練習しましょう。

 

 

1. いらっしゃいませ(お辞儀の角度30度)

来店されたお客様をお迎えする際に、ご来店いただいた感謝の気持ちを込めて明るい笑顔で伝えします。

 

 

2. かしこまりました(お辞儀の角度30度)

お客様に何かをお願いされた際に、自然な笑顔で応えします。

 

 

3. 少し(少々)お待ちくださいませ(お辞儀の角度 15度)

お客様にお待ちいただく際に、自然な笑顔で伝えます。

 

 

4. 失礼いたします(お辞儀の角度 15度)

お客様の近くを通る際に使います。

 

 

5. 大変お待たせいたしました(お辞儀の角度30度)

お客様をお待たせした際に、自然な笑顔でお伝えします。

長い時間お待たせした際は、お詫びの気持ちを込めてお伝えしましょう。

 

 

6. 恐れいります(お辞儀の角度 15度)

クレジットの署名など、お客様に何かをお願いする際に使います。

 

 

7. 申し訳ございません(お辞儀の角度45度)

お客様にご迷惑をおかけした際に、お詫びの気持ちを込めてお伝えします。

自分以外のスタッフのミスでお客様にご迷惑をかけてしまった場合にも、必ずお詫びしましょう。

 

 

8. ありがとうございます(お辞儀の角度45度)

お客様に感謝の気持ちを伝える際に、お客様の目を見ながら笑顔でお伝えします。

お買い上げが決定したタイミング、ご署名などをいただいた時、会計後のお見送りの時、などに使う機会が多いフレーズです。

 

 

(まとめ)

8大接客用語は、さまざまな接客業でも必ず使うフレーズです。

ご来店されたお客様に対してはもちろんのこと、お店のスタッフや社外の取引先のかたなどにも使う機会がたくさんあります。

ハキハキとしたあいさつは、スムーズなコミュニケーションにも欠かせないものなので、ぜひ積極的に取り入れてくださいね。

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】

【現役販売員オマネキのブログ記事一覧はコチラ】