春夏に多く出回る白シャツ。いつまでも白さを保つには?

16

 

春先から店先にぐんと増えてくるのが、白いシャツです。颯爽と着こなす姿はかっこいいですが、白いぶん、汚れがつきやすいのが難点です。「白は汚れが気になって…」とお客様から言われて慌てないよう、お手入れ方法を知っておきましょう。

 

■色柄ものとは分けて洗う

白いものは、色移りしやすいのが問題です。基本的なことですが洗濯するときは色柄ものとは分けて、白いものだけで洗うようにしましょう。分けずに洗っていると、少しずつでも色合いがくすんできてしまいます。白いものだけならば、お湯を使って洗っても、色落ちの心配がありません。かえって、汚れ落ちがよくなるので白く洗いあげることができます。

 

■毎回洗濯して黄ばみ防止

白いものだけ洗うようにしても、だんだんくすんでくることがあります。これが黄ばみで、汗と皮脂汚れが酸化したものです。防止するためにまず大事なことは、「一回着たら必ず洗う」こと。見た目に汚れがないともう一回着てから選択すればいいや、と思いがちですが、実は布地は見えない汗や皮脂を吸い込んでおり、時間が経つと黄ばんできます。黄ばみを放置するとだんだん濃くなってきて、自宅のケアでは落とせなくなります。

 

■ぬるま湯で洗う

皮脂汚れを落とすには、水よりもぬるま湯が効果的です。クリーニング店では一般に50~60℃のお湯でワイシャツなどを洗っているそうです。一般家庭では、40℃くらいでもよく落ちます。ただし、高温のお湯で洗うのは、逆に洗浄効果が落ちますし、布地を傷めることにもなるので止めましょう。

 

■酸素系漂白剤を活用する

白さをずっと保つためには、普段の洗濯に漂白剤をプラスすることをおすすめします。洗剤だけでは落としにくい汚れも、すっきり白く洗い上げてくれます。市販されている色柄物用漂白剤は、酸素系漂白剤です。さらに、黄ばみが出やすい衿そでは、部分洗い洗剤で予洗いしてから洗濯すると、より効果的です。

 

■しまう前は特に念入りに洗濯

衣替えなどで、長期間タンスにしまう前は、いつもよりも丁寧に洗濯するようにしましょう。タンスの中に収納していても皮脂の酸化は進みますし、着ないぶん洗濯する機会がないので、黄ばみが出やすくなります。衣替えのときだけは、クリーニングに出すのもよい方法です。

 

(まとめ)

「白いものは汚れやすくて…」と購入をためらうお客様がいらしたら、ぜひお手入れ方法をおしえてあげましょう。コツを押さえれば、いつまでも爽やかな白アイテムを楽しめます。丁寧にお手入れすることも、きっと楽しくなるはずです。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫