販売員なら知っておきたい!高級コットンの種類について

 

 

 

「コットン」=綿製品ですが、実はいろいろな種類があることをご存じでしょうか。コットンは世界100カ国以上で生産されている素晴らしい素材です。アパレル製品にも数多く使われているコットンの種類についてご紹介します。

 

■エジプト綿

とても有名な綿ですが、生産量が少なくとても貴重なコットンです。ナイル川流域で栽培されている超長綿と呼ばれる長い綿です。綿には長さがあり、長いものほど高級になります。中でもギザコットンは最高級品といわれ、スーピマ綿・新疆綿と並んで、世界三大綿といわれています。エジプト綿にはシルクのような光沢があり、艶やかな仕上がりになるのが特徴です。

 

■スーピマ綿

アメリカで生産されているコットンです。アメリカではいくつかの綿が生産されていますが、その中でもスーピマ綿が最高級品です。スーピマとは、Superior Pima(高級ピマ種)のコットンであるという意味があります。こちらもエジプト綿と同じように超長綿の一種で、長さが35mm以上あり、豊かな肌ざわりに特徴があります。

 

■新疆綿

中国の新彊ウイグル自治区で生産されているコットンです。中国は世界一の綿花栽培国で、中でも新疆綿は最高級品です。過酷な砂漠地方ですが、カレーズと呼ばれる地下水路を通って天山山脈の雪解け水をふんだんに使うことができ、こうした特性が白くて美しい綿を育てています。新疆綿は、天然の油分を多く含んでいるので素晴らしいツヤが自慢です。新疆綿の中にもランクがあり、タオルやTシャツの素材として使われる汎用綿から、最高級ランクの新疆綿まで種類が豊富です。

 

■シーアイランドコットン

日本語では「海島綿」とも呼ばれています。カリブ海で栽培されている非常に貴重な綿で、シルクのようなツヤとカシミヤのような肌触りがあります。「幻のコットン」とも呼ばれ、かつてはイギリスの王侯貴族だけが手に入れることができるコットンでした。日本に輸入されるようになったのも、ここ40年ほどのこと。薄手の高級ニットで有名なジョン スメドレーは、「JOHN SMEDLEY’S シーアイランドコットン」と呼ばれる、シーアイランドコットンの中でも最も長い繊維だけを使用し、さらに独自の技術を駆使して、きめ細かなニットに編み上げています。素晴らしい製品は、やはり厳選された素材があるからこそ生まれるのでしょう。

 

(まとめ)

知れば知るほど奥深いコットンの世界。コットンに詳しくなると、店の商品に対する知識や愛着が深まることでしょう。お客様にもぜひ教えてあげてくださいね。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫