買う気があったお客様が、買う気をなくす5つの理由

 

今日は服を買おうと思って店へ行ったのに、なんだか買う気が失せてしまったという経験がありませんか?お店の雰囲気やスタッフの対応によっては、せっかく買う気を起こしてくれたお客様の気をそいでしまうことがあります。どんなことをお客様は気にしてしまうのか知っておきましょう。

 

■店員同士がおしゃべりをしている

スタッフ同士が仲がいいと、よくあるのがこれです。スタッフ同士で話すと、どうしてもラフで緊張感がない雰囲気が漂うので、お店にだらっとした空気が流れ、お客様のイメージが悪くなります。「試着室、ただいま満室です」など決まった用語以外は、スタッフ同士では基本的に話さないほうが無難です。

 

■あまりに放っておかれる

店員からぎゅうぎゅうに売り込みトークをされるのも困りますが、あまりに放置されてもお客様は買う気をなくします。「試着してもいいですか?」と聞きたくても、そもそも近くにスタッフが誰もいない。試着を終えて出てきても、誰も何も言わない。いくらお客様に自由に見てもらうのがよいといっても、これではお客様は不安になってしまいます。

 

一人でもお客様がお店に入ってきたら、手が離せないときでも必ずフォローに一人は入るようスタッフ同士で連携しましょう。

 

■だるそうに接客される

とりあえず説明はしてくれるものの、何かあったのかな?と思うくらいけだるそうな接客をするスタッフがいます。いま見ていては悪いのかなと思い、店を出たくなってしまうことも。スタッフも人間ですから体調が悪いときもあるでしょう。でも、最低限、お客様に不快に思わせない配慮は必要です。

 

■「いかがですか?」と決断を迫る

見た服をその場で即決して買う人はとても少ないものです。ほとんどの人は、ひと目チェックして、もう一度確かめて、さらに見て…と3回くらいは買おうかどうか考えています。それなのに、「○○は今とても人気があるんですよ。こちらも、もうこの色だけで。いかがですか?」「こちら、今お履きのパンツにもよく似合いますね。いかがでしょうか?」と聞かれたら、「いや、もう少し考えさせて下さい」と言いたくなります。

 

本人はすすめているつもりなのかもしれませんが、実は「買ったらどうですか?」と迫っているのと同じです。買う買わないはお客様の自由。無理強いしていなそうで圧迫感のある言葉なので、使わないようにしましょう。

 

(まとめ)

何気ないところをお客様は見ているものです。お店に立ったら、常にプロの意識を持ってお客様をお迎えしましょう。お客様の気持ちを自分の言動が左右することを忘れないで接客するよう心がけましょう。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫