贈り物をいただいたときのお返しのマナー

店鋪販売の現場にいると、お客様から贈り物のマナーについて聞かれることがよくあります。

ここでは、贈り物をいただいたときの返礼マナーについてご紹介します。

 

■まずは電話を一本入れる

贈り物を受け取ったときは、お返しの前にまず電話でお礼を伝えましょう。

お礼とともに近況報告をして、感謝の気持ちを届けます。

お返しは贈り物を頂いてから一ヶ月を目安に返せばよいですが、お礼のひと言はなるべく早く届けるようにしましょう。

電話ができない場合は、手紙やハガキでお礼状を送ります。

お返しが不要な場合でも、ひと言電話なり手紙なりで「ありがとう」と伝えるようにします。

 

■基本は半返し

お返しの品を選ぶときは、もらった額の半額程度が一つの目安になります。

高額なお祝いをもらった場合や、目上の人からのお祝いには3分の1程度でよいとされています。

 

■お返し=内祝

意味は「お返し」ですが「お返し」というのしはありません。

のしをつける場合は、結婚内祝、出産内祝など「内祝」「御礼」と記載します。

香典返しの場合は「志」を使います。

 

■出産内祝い

出産は何度あっても嬉しいものですから、一人目・二人目によってお祝いに差はありません。

お返しも、一人目・二人目とも同じように、いただいた額の3分の1を目安にして選びます。

何人かが集まって高額な贈り物をしてくれるケースもありますが、その場合は個別包装の品物にしたり、人数分の食事券なども喜ばれます。

 

■快気内祝い

お見舞いや快気祝いをもらった場合は、退院後1週間〜10日くらいを目安にお返しをしますが、無理をする必要はありません。

快気祝いにお返しをする場合は「快気内祝」、お見舞いに対して御礼を伝える場合は「お見舞いお礼」というのしを使います。

快気祝いには消えものを選ぶのがマナーですが、お返しも同じように後に残らないものを選びます。

コーヒーなどの飲料や食べ物のほかに、病気が残らないように洗い流すという意味を込めて、せっけんや洗剤も好まれています。

 

■現金・金券は基本的にNG

お返しを受け取る側としては現金・金券は嬉しいものはありますが、お返しのマナー的にはNGです。

特に目上の人へのお返しに使ってはいけません。

もし、品物選びに迷ってしまって現金・金券にしたい場合には、現金・金券も選べるギフトカタログを贈るのもよい方法です。

選択する楽しみもあるギフトカタログは、お返しの定番になりつつあります。

 

(まとめ)

贈り物は、贈る際のマナーとお返しをする際のマナーの両方を知っておくことが大切です。

お客様から相談されたときに慌てないよう、しっかり勉強しておきましょう。

【実録!大阪マネキン現役販売員のホンネの話記事一覧はコチラをクリック】

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】