今年の流行はスカーフ!上手な巻き方まとめ

13

 

2017年の春夏は、小さなスカーフが大流行しています。首に巻いたり、ワンカラーのシックなバッグに巻いたりと、使い方もいろいろあって楽しいアイテムです。小さなスカーフは巻き方にさほど悩みませんが、大判のスカーフとなると困る人も。そこで、基本の結び方をご紹介します。

 

■バイアス折りを覚えよう

スカーフを巻くときによく使うのが、バイアス折りです。巻きやすいようスカーフを帯状にする方法です。まず、裏面を上にして、ひし形になるように置きます。

向こうと手前にある角をそれぞれ中央まで折り返します。その後、もう半分に折ります。真ん中で折り、重ねます。これをそのまま肩にかけても素敵です。

 

■どの柄を出すのかがポイント

いろいろな結び方がありますが、ポイントは柄をどう出したいかです。スカーフの魅力は華やかな色柄にあります。どの柄を見せたいかをまず決め、それが出せる結び方を考えましょう。バイアス折りをするときも、柄の出方を確認しながら折ります。

 

■ループノット

最もオーソドックスな、結び目を作る巻き方です。バイアス折りをしたスカーフを、真ん中で結んで結び目を作ります。それを首の前にくるように当て、首の後ろで一回交差させてまた前へ持ってきます。スカーフの両端を、それぞれ結び目に通します。結び目は少しゆるく結ぶのがコツです。結び目をサイドに流してもきれいです。

■チョーカー

バイアス折りにしたスカーフを首に二重に巻き付け、最後にかた結びをします。首回りをすっきり見せたいときは、バイアス折りにしたスカーフを軽くねじってから結ぶと、ボリュームダウンした結び方になります。Yシャツやラウンドネックの首元にコンパクトに巻くと、華やかな雰囲気がプラスされます。

 

■クロス

バイアス折りをしたスカーフを2つに折って輪を作ります。首にスカーフをかけて、輪の部分にスカーフの端を通し、形を整えます。とてもシンプルな結び方ですが柄が出る部分が広いので、インパクトのある巻き方になります。

 

■スカーフリングを使うのもおすすめ

どうしてもうまく結べない人は、スカーフリングを使うととても便利です。革製品からシルバー、ゴールドまで、さまざまな種類が出ています。スカーフを通すだけなので、スカーフ使いは初めてという人でもきれいに巻くことができます。

 

(まとめ)

一枚のスカーフは、一枚の服にも匹敵するほど魅力的なアイテムです。巻き方を変えるだけで服の表情を大きく変えることができるので、一枚の服を何通りにも着こなすことができます。もし、店でスカーフを扱っていたら、ぜひ巻き方もお客様に伝えてあげて下さいね。

毎年注目されている!PANTONEが決める10年間の流行色まとめ

12

 

毎年発表されている

 

■来年の一色はPANTONE社が発表

色見本の制作で有名なアメリカのPANTONE(パントン)社が、翌年の「color of the year」を発表し、その年のトレンドを決めています。PANTONEカラーは、実に7000色。それぞれの色に#番号と色名がついており、毎年一色が選ばれて、世界のプロダクトデザインのカラートレンドを方向付けています。

 

■2016年

2016年は「Rose Quarz(ローズクウォーツ)」と「Serenity(セレニティー)」の2色が選ばれました。淡いピンクと静けさのある薄い青(アイスブルー)です。対比的なカラー選定には、最近のジェンダーレスな好みが影響しているのだとか。

とても美しい色で、アパレルで人気のグレーとも相性バツグンです。

 

■2015・2014年

2015年は「Marsara(マルサラ)」。血色を思わせる渋い赤はとても個性的で、大人びた赤でした。2014年は「Radiant Orchid(ラディアントオーキッド)」。輝く蘭の色という意味です。薄い紫色がとても上品です。藤色、胡蝶蘭の紫色というと分かりやすいかもしれません。

 

■2013・2012年

2013年は「Emerald(エメラルド)」宝石のエメラルドが持つ、美しい輝きを持つグリーンです。2012年は「Tangerine Tango(タンジェリンタンゴ)」渋めのオレンジ色で、秘めた情熱を感じさせる色です。

 

■2011・2010年

2011年は「Honeysuckle(ハニーサックル)」ピンクらしい濃いめのピンク色です。甘めの色合いはアクセントカラーとしてもきれいに映えます。2010年は「Turquoise(ターコイズ)」。深海を思わせるターコイズブルーは、マリンテイストが好きな人に大人気のカラーです。

 

■2009・2008年

2009年は「Mimosa(ミモザ)」。鮮やかなイエローは、見ているだけで元気が出てくるビタミンカラー。2008年は「 BLUE IRIS(ブルーアイリス)」。アイリスは日本でいうとアヤメや菖蒲のことで、深い青紫色は着物にも使われている美しい色です。

 

■2017年

2017年のトレンドカラーは「Greenery(グリーナリー)」。薄い緑色は、若葉のような活気に満ちあふれた色です。明るい若草色は、気持ちを朗らかにしてくれます。何かを始めたくなる、若々しい色です。

 

(まとめ)

こうして見てみると、カラーバリエーションというのは実に豊富で、奥が深いものだと感じます。毎年春夏、秋冬とトレンドが移り変わる中で、これからどんなカラーが人気を集めるのか、とても楽しみですね。

知っておこう!すてきと呼ばれる配色バランス

11

 

ファッションが多様化することは楽しいことですが、そのぶん上手な着こなしが難しいと感じている人も増えています。せっかくの服も着こなし次第でよくも悪くもなってしまいます。ここでは、すてきに見える配色バランスについて学びましょう。

 

■色合わせには3種類のカラーがある

配色バランスを考える際には、3つのカラーを意識することが大事です。ベースカラー・アクセントカラー・アソートカラーです。これはファッションだけでなくインテリアなどにも使えるので、覚えておくと便利です。

 

ベースカラーは全体のイメージを決める色で、コーディネート中に最も多く使う色です。アソートカラーは、ベースカラーを補い引き立てる色で、ベールカラーの類似色を選ぶと間違いがありません。アクセントカラーは、全体を引き締める色です。

大事なのは、この3つのバランスです。一般に、以下の割合で使用すると美しくみえるといわれています。

 

ベースカラー:アソートカラー:アクセントカラー = 7:2:1

 

コーディネートを考える際は、ベースカラーをまず決め、その後にアソートカラー、アクセントカラーをつけ加えていきます。アクセントカラーは分量が少ないので、スカーフやネクタイ、バッグなどの小物に使うと上手に使えます。

 

■3色以内にまとめるのが基本

合わせる色はベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの3色にとどめるのが基本です。これ以上使ってしまうと、何がベースで何がアクセントか分からなくなります。

 

■アクセントカラーを意識するとおしゃれに

アクセントカラーが全体の1割程度しか使わない色ですが、コーディネート全体を引き締める大切な色です。たとえば、紺×白の服に黒のバッグはアクセントカラーとはいいません。全体になじみすぎているからです。このコーディネートであれば、バッグは鮮やかなオレンジ色やイエローなどが良く似合います。

 

■アクセントカラーなしもOK

ビビッドな色合いを使いたくない、コーディネートを優しくまとめたいという場合は、全体を同系色でまとめる方法もあります。この場合は、白を基調とする場合は白を含むベージュやライトグレーなどの明るい色合いを重ねたり、同じ白でも素材を変えて、質感の異なる着こなしをすることで変化をつけます。

 

■膨張色×膨張色にしない

春先はパステル系の柔らかい色合いの服が増えますが、ブラウスもスカートもパステル系では、全体がぼやけてしまいます。膨張色を使いたい場合は、上下いずれかを濃い色(収縮色)にすると、バランスがよくおしゃれに見えます。

 

(まとめ)

配色はセンスと思われがちですが、いくつか決まったルールがあります。服を選ぶ際は、少し気にかけるだけで、着こなしがぐっとおしゃれに見えます。ここでご紹介したことを、ぜひ自分のプライベートとお客様へのアドバイスに役立ててくださいね。

お客さんに聞きました!お店の店員に言われて嬉しかったひと言まとめ

 

接客をしていて、気になるのはお客様の反応です。「こんなことを言ったら失礼かな?」「こう伝えたら喜んでもらえるかな?」と日々考えながら接客しているのではないでしょうか。そこで、お客様の立場から「店員さんにこんなことを言われて嬉しかった」というひと言を集めてみました。

 

■どうぞごゆっくりご覧ください

まずは、これがダントツで嬉しい言葉です。あれこれ言われる前に、まずは自分ひとりで心ゆくまで見て回りたいもの。まず楽しく買い物をしていただいてから、必要であればお声がけしてご説明するという順序を間違えないようにしましょう。

 

■本日入荷したばかりです

思わず気持ちが向いてしまうのが、この言葉。噓はいけませんが、本当にその日に入ってきたものがあれば、ぜひお客様に伝えてあげましょう。特に何度もリピートして来店してくださるお客様は、新商品に敏感に反応します。自分が目を留めたアイテムが新入荷だと分かったら、とても嬉しくなります。

 

■当店のアイテムですね

何度もリピートして下さるお客様は、自分でも気がつかないうちに、その店の商品を着て来店しているものです。店員が気がついて「こちらのブラウス、当店のものですね。ありがとうございます。」とひと言かけてもらうと、リピートしていることに気がついてもらえたと嬉しく感じます。初めてのお客様も大事ですが、やはり何度も足を運んでくださるリピートのお客様は大切にしたいものです。

 

 

■きれいに着こなしてらっしゃいますね

靴屋さんはお客様の履いている靴を、洋服屋さんはお客様の着ている服を自然と観察しています。お客様のほうもそれが分かっているので、アパレルショップに入るときは、何となく自分の服装が気になっているものです。そんなとき、店員から着こなしを褒められたら、ホッとした気持ちになります。特に、服ではなく「着こなし」はその人のセンスが反映されているので、自分を褒められた気持ちに。おしゃれを磨こうと、新しい服を買う意欲もわいてきます。

 

■たくさん試着してみてください

試着してから購入したほうが納得のいく買い物ができるから、できれば試着をして買いたい。でも、何枚も試着するのはちょっと気が引ける。そんなとき、店員にこう言ってもらえたら、お客様は安心して試着することができます。混んでいない時間帯なら、できるかぎり対応してあげましょう。

 

(まとめ)

お客様が自分のひと言で元気になり、よい買い物をしてくださったら、こんなに嬉しいことはありません。よい言葉を交わすことは、よい関係を築くことにつながります。毎日よい言葉を紡げるよう、心配りをしていきましょう。

野暮ったくみえちゃうのが悩み!グレー系ファッションをおしゃれにする方法

99

 

 

優しい印象で、ファッションに多く使われているグレー。黒よりも強くなく、白よりも優しい雰囲気があるので好きだという人もいるでしょう。ただし、おしゃれに着こなすには少し工夫が必要です。

 

■オールグレーはトーンを変えて

グレーが好きでも、グレー単色のコーディネートはやめましょう。全体的にぼやっと野暮ったいイメージになってしまいます。もしオールグレーにするならば、ワントーン変えた着こなしを。たとえば、ダークグレーのパンツ+ライトグレーのトップスで、都会的な上品さのあるコーディネートが作れます。

 

■さし色をプラスしてきれいめコーデ

グレーコーデにはさし色をプラスしてもきれいです。たとえば、2017年春の流行のベージュピンクなどは、グレーにとてもよく似合う色です。春先に人気が出るパステル系の色合いはどれもグレーにマッチするので、春先のボトムスにグレー系を一本用意しておくとシーズンいっぱい活躍してくれます。

 

■ニュアンスのある素材で美しく

最近流行りのニット素材やシフォン、オーガンジーなど動きのある素材は、グレーを選ぶと、より優しくエレガントに見えます。柔らかい雰囲気にしたいとき、カジュアルな装いだけれど女の子っぽさを主張したいときなどに、ライトグレーはおすすめです。

 

■大胆な柄物も合わせやすい

グレーは主張しすぎない色なので、大胆な柄物も合わせやすく上品にまとめてくれます。最近人気の個性的なオルテガ柄も、グレーに合わせればシックな大人の雰囲気に。トレンドを大人っぽく取り入れたい人に、グレーの服をすすめてはいかがでしょうか。

 

■実は顔色をよく見せる

明るいグレーのコーディネートが人気を集めているのは、白や黒よりも顔周りを明るく見せ、誰にでも合いやすい色だからです。20代の頃はブラック系コーデ

が多かった人も、30代、40代になるとブラック系では少し寂しい印象になってしまうことがあります。そんなときに優しいグレーを合わせると、明るくふんわりとした雰囲気になります。

 

■鮮やか色もきれいに映える

赤や青、緑など、原色系を着たいときは、明るいグレーを合わせるとうまくいきます。原色のアイテムを引き立てつつ、コーディネート全体をきれいにまとめてくれます。何か目立たせたいものがあるときは、グレーで引き算をすることで引き立たせると覚えておくとよいでしょう。

 

(まとめ)

グレー系コーディネートは最近注目されています。どんな年齢の方にも合わせやすいので、ぜひおしゃれな着こなしをご提案してあげてくださいね。

いくつ知ってる?○○柄まとめ

 

 

 

 

ファッションに使用される柄には、個性的なものがたくさんあります。中でも、民族的なバックグラウンドを持つデザインがあるのをご存知でしょうか。たくさんある中から、いくつかご紹介します。

 

■幾何学調のオルテガ柄

レディースだけでなくメンズでも人気があるのが、オルテガ柄です。オルテガ柄とは、ひし形をした手織物の柄のことで、アメリカのニューメキシコ州チマヨ村に移住したヒスパニック系の人々によって編まれてきた柄です。現地ではカラフルなポンチョなどが多く編まれていますが、日本ではカーディガンの柄として人気があります。

 

■雪国を思わせるノルディック柄

セーターやマフラー、手袋など冬アイテムの柄として定着しているノルディック柄

。北欧風という意味で、雪の結晶など雪国を想起させる柄が織り込まれています。トナカイ柄が一緒に描かれることもあります。主にノルウェーの伝統的な柄で、点描(ルース・コスタ)が特徴です。

 

■シャープなデザインのトライバル柄

トライバルとは、トライブ(tribe)=部族のこと。サモア諸島などオセアニアに住む部族が代々使ってきた柄です。タトゥーの図柄になることもあります。白×黒のモノトーンでダイナミックに描かれる幾何学模様が特徴です。

 

■エレガントなダマスク柄

壁紙や布、包装紙などの模様で有名なダマスク柄。エレガントなスカートやパンツなどに使われることもあります。草花をデザイン化したもので、曲線美のある優雅な柄です。もともとは中世ビザンチンの織物の名前で、イスラムの文様として使われていたものです。

 

■現代的でクールなシェブロン柄

縞模様が山型(W型)になっているものをシェブロンストライプといいます。もとはフランスの軍服の模様を指していました。特に白×黒で繰り返されるパターンは、とてもモダンで人気があります。白×ベージュの優しい色合いが多い北欧インテリアや、白を多用したモダンリビングのアクセントとして使われることもあります。ファッションでは、スカートや小物に使われることが多いようです。

 

■上品で優雅なヘリンボーン柄

床材にも使われている個性的なデザイン。向きを変えた縞模様を交互に繰り返す柄です。シェブロン柄に似ていますが、一続きではなく列ごとに独立しているのが特徴です。このデザイン、実は開いたニシンの骨のかたちを模しているのだとか。骨からこのような美しいデザインを感じ取るなんて、すごい観察力だなと感心します。

(まとめ)

いかがでしたか?身の回りにあるデザインは、まだまだたくさんあります。アパレルの販売員であれば、何となく見過ごしてしまわずに、その柄の由来や違い、使われ方などをぜひ研究してみてください。

いま流行のシア・レースを可愛く着こなすには? 

77

 

 

いま巷で人気のシア・レース。意外と年齢を問わず可愛く着こなせるので、幅広い年齢の女性に人気があります。実にいろいろなタイプが出ていますが、着こなしのポイントはどんなところにあるのでしょうか。

 

■シア・レースとは?

シア(sheer)とは、透ける素材のことをいいます。オーガンジーなども同じです。ここ数年、服の一部に透ける素材を使ったアイテムが人気を博するようになりました。定番ブラウスの袖だけ透け素材になっていたり、裾にシア素材が重ねられたバレエのチュチュのようなスカートなどが注目されています。この透け感をオーガンジーではなくレースで作る服も流行っています。こちらも服の一部にレース使いをしたアイテムが主流で、服だけでなくバッグなど小物でも人気です。

 

■清潔感があるのに可愛い

シアの服は、色柄ではなく素材感で見せるファッションです。シンプルな白でもトレンド感があり、清楚なのに可愛く、おしゃれに見える。どんなコーディネートにも合わせやすいのが魅力です。レース使いは、クラシカルな女性らしさが魅力。何気ないカットソーでも上品にみせてくれます。

 

■着こなしのポイント:色味をおさえる

オールブラック、オールホワイトのコーディネートにすると、シアーやレースの質感が大いに引き立ちます。色味を一色に抑えることでかえってゴージャスな着こなしになり、ちょっとしたパーティにも。トレンドを押さえつつ大人の着こなしをっしたい人におすすめです。

 

■着こなしのポイント:XラインかAラインですっきりおしゃれに

シアーやレースと合わせて、ふんわり広がったラインが最近のトレンドです。裾が広がったスカートやパフスリーブなどが多く出ていて、女性らしいシルエットに注目が集まっているようですが、全体のバランスが悪くなり少し太って見えることも。着やせ効果を狙うなら、ウエストラインを絞ったXラインかAラインを意識してすっきりと美しいシルエットを作るよう心がけましょう。

 

■着こなしのポイント:小物に使う

シアーやレースはバッグや靴などにもよく使われています。シアーやレースは可愛い過ぎて普段の服に合わせにくいという人は、小物にさり気なく取り入れてみてはいかがでしょうか。いつものデニムにレース使いのフラットシューズを合わせるだけで、あっという間にトレンドの着こなしが実現します。

 

(まとめ)

シアーやレースの透け感がある着こなしのブームは、春夏にむけてますます加速していきそうです。店頭でもお客様の目に留まるトレンドアイテムですから、販売員としては着こなし方も含め、日頃からしっかり勉強しておきたいものです。

難しい?簡単?ブラックを本当におしゃれに着こなすコツ

66

 

 

何となく格好がつくので着てしまう黒の服。でも、本当にかっこよく着ている人は少ないように思います。店で販売する場合でも、お客様にはぜひ素敵な着こなしを提案したいもの。どんな点に注意すればよいのでしょうか。

 

■オールブラックでも質感を変える

すべて黒の装いは、かっこいいか野暮ったいかのどちらかになってしまうリスクがあります。かっこよく着こなすポイントは、色は同じでも質感が違うものを組み合わせて着ること。デニム、ニット、コットン、起毛素材など異素材を組み合わせることで、べったりした色合いにしないのがコツです。

 

■無地でも柄を変える

黒地でもチェックやストライプが入っていたり、レースがついていたりすると着こなしがワンパターンになりません。遠くから見るとオールブラックでも、近くで見ると柄が入っていてデザイン性がある服を合わせていれば、ファッションセンスを感じさせるコーディネートになります。

 

■アクセントカラーを少し入れる

黒が好きな人はモノトーンが好きな人が多いようです。黒以外に白は加えてもよいと考えているのであれば、白をアクセント的に取り入れましょう。真っ白のTシャツを一枚着れば清潔感のある着こなしになりますし、白のデニムを加えれば都会的で洗練されたコーディネートになります。

 

■デザイン性の高いモダンなアイテムを加える

黒という落ち着いた色味は、多少変わったデザインでも奇抜になりすぎません。黒のコーディネートを単調にしないために、ジャケットなどのアウターにデザイン性の高いものをセレクトするのもおすすめです。

 

■重たく見せない工夫をする

黒は見た目が重くみえてしまう色です。分量が多かったり、重心が下に下がるようなアイテムを着てしまうと暗くて野暮ったくなってしまいます。特に背のあまり高くない人が着る場合は要注意です。オールブラックのコーディネートにするなら、短めのスカートにしたり、フレアスカートなど裾に動きがある服で軽やかに見せます。

 

■透け感のある素材をプラスする

黒を軽やかに見せる方法としては、透け感素材を使うのもおすすめです。いま流行のシフォン素材やレースなどを上手にプラスして、女性らしく柔らかい印象を加えましょう。オーガンジー素材のストールを重ねるのもおしゃれです。

 

(まとめ)

黒のコーディネートはファッションショーなどでも必ずお目見えするくらいおしゃれなものですが、実際に着こなすとなると、なかなか難しいもの。写真や映像を参考にして勉強し、お客様に提案できるようになりましょう。

有名ブランドとブランドカラー、その歴史について

55

 

 

ブランドにはテーマカラーがある場合があります。それぞれに創始者の思いや歴史があり、知るとブランドの魅力が増します。いくつか有名なものをご紹介しましょう。

 

■エルメス:オレンジ

ブランドカラーの代表格といえば「エルメスオレンジ」。ビビットなオレンジは商品のパッケージ(オレンジボックス)にも使われており、誰でも一度は目にしたことがあるでしょう。実はオレンジといってもバリエーションがあり、実に10種類ものオレンジ色が作られています。今ではエルメスといえばオレンジですが、本当はベージュのパッケージだったのだとか。戦時中に原料が不足して間に合わせに

オレンジの包装を使ったところ、戦後になっても好評だったので継続して使用するようになったのだそうです。面白いエピソードですね。

 

■シャネル:ベージュ・ブラック・ホワイト

ココ・シャネルが好きな色であったベージュ・ブラック・ホワイトは、そのままブランドアイテムのカラーとして今も使われています。彼女の家にもこれらの色で統一されており、本棚の本にもベージュのカバーがきれいにかけられていたといいます。彼女が理想としていたエレガンスとはどんなものか、彼女が愛した色使いから想像することができます。引き算の美学を提唱した彼女ならではの単色使いが、シャネルの美しさの神髄といえるのかもしれません。

 

■ティファニー:ティファニーブルー

こちらもパッケージ(ブルーボックス)に使われていることで有名なカラー。実は、こまどりの卵の色からきています。昔から高貴な色として使われていたブルー。鮮やかでとても美しく澄んだブルーの箱に白いリボンがかかっているのを見て、心が躍らない女性はきっといないことでしょう。まるで女性の幸せを色で示してくれているような、そんな明るく美しい青です。

 

■アナスイ:黒×紫

中国系アメリカ人アナスイが発信するブランドは、蝶とバラのモチーフを使ったアジアンなデザインと、黒と紫のブランドカラーが特徴です。特に紫が個性的で、小物からメイクアイテムに至るまで、紫がとても多く使われています。ヒッピー文化からも影響を受けているというその世界観は、多くの女性を魅了しています。妖艶でエキゾチック、神秘的な美しさをたたえた女性像がアナスイの魅力です。

 

(まとめ)

ブランドカラーにはいろいろな歴史やバックグラウンドがあります。色について知ることで、そのブランドの世界観やコンセプトなども自ずと分かってきます。好きなブランドがあるなら、その色使いやブランドカラーに注目してみると面白いのではないでしょうか。