お客様に教えてあげたいスタイルよく見える着方

 

 

 

お客様に服をすすめる場合には、素敵な着こなしも合わせてご紹介してあげたいものです。特に気になるのが、スタイルのよい着こなし方ではないでしょうか。そこで、今回はスタイルがよく見える着方についてご紹介したいと思います。

 

■視線を高い位置に持ってくるとスラッと見える

視線が高い位置に来るようにすると、背が高くスラッと見えます。アクセントカラーを胸元に置いたり、ボリュームのある小物を首回りに巻いたり、コサージュやブローチなどを胸元につけるなどすると、相手の視線が上のほうに集まりスリムに見えます。特に背があまり高くない方におすすめです。

 

■ハイウエストで足を長く見せる

いま流行のハイウエストボトムスは、足長効果バツグンのアイテムです。普通のボトムスでもシャツなどトップスを外に出さずに中にインして着ることで、ハイウエストと同じ効果が得られます。高めの位置でベルトを締めるのも効果的です。

 

■縦ラインをうまく使ってスリムに見せる

縦のラインを強調すると背が高く、かつスリムに見えます。たとえば、ボトムスは縦縞のものや、縦のタックが入っているものを選ぶと、足が長く見えます。

 

■ヒールのある靴で足長効果を狙う

ヒールが高すぎる靴は足腰に負担がかかるのでおすすめできませんが、適度な高さのヒールは足長効果があるのでおすすめです。高めのヒールでも、地面に接する部分が広ければ安定感もあり足も疲れにくくなります。

 

■同系色の靴で足をさらに長く伸ばす

靴を選ぶ場合には、ボトムスと同じ色にすることで、足を長く見せることができます。

 

■中途半端な丈は気になるところを強調してしまう

二の腕や足など、太さが気になるところがあるとつい隠してしまいたくなりますが、半端な丈のものを着てしまうと、視覚効果でかえって太さを目立たせることになってしまいます。たとえば、二の腕なら思いきり短い袖にするか、しっかり隠せる丈を選びましょう。長袖であれば、細い手首を見せることができる7分丈などがおすすめです。

 

■黒は使いすぎない

黒は何にでも合わせやすいので出番が多くなりますが、黒の分量が増えるとコーディネートが重苦しくなってしまいます。本来引き締め色になってくれる黒を上手に使うには、すっきり見せたい部分だけに黒を持ってくるほうがよいです。二の腕が気になる方なら黒いトップスを着たり、足をすらりと見せたい方なら黒のボトムスを着ましょう。

 

(まとめ)

おしゃれな人は服選びのセンスのほかに、着こなしのセンスも持っています。販売員として、せひお客様に素敵な着こなし方を教えてあげてくださいね。

お客様に教えてあげたい上手なコーディネート法

 

 

 

せっかく素敵な服を買ったのに、一度も着ないまま…なんていう経験が、きっと誰にでも一度はあると思います。服を買うときはコーディネートを考えて買うのがポイント。今回は、上手な服のコーディネート方法についてお伝えします。

 

■コーディネートは配色が決め手

いくらよい服を着ていても、おしゃれに見えなければセンスよく着こなせません。ファッションセンスを握る一つのポイントは、色使いです。コーデネート初心者であれば、コーディネートに使う色は2色にとどめておくとうまくいきます。多くても3色までにしておくと、スッキリ美しいコーディネートになります。3色使う場合のコツは、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの使い分けに気をつけることです。ベースとなる色をコーディネート全体の70%くらいに使い、次にベースカラーに調和する色をアソートカラーとして30%使います。最後に、コーディネートのアクセントとなる色を10%程度使うと、全体のカラーバランスがきれいに取れて、まとまりのあるコーディネートが作れます。

 

■統一感を出したいときはトーンを揃える

都会的で上品なコーディネートにしたいときは、トーンに統一感を出しましょう。紫など着こなしが難しそうなトップスでも、スモーキーな色にしてボトムスにもスモーキーなベブラウンなどを持ってくることで、おしゃれで品のよいスタイルになります。逆に元気よく見せたいときは、ヴィヴィッドな色同士を組み合わせることで、華やかな上品さのあるスタイルになります。

 

■同じカラーでも素材を変える

同じカラーでも、綿やシルク、ウールやモヘアなど素材が違えば印象も異なります。たとえば、黒のパンツを買おうかどうか迷っているお客様には、手持ちの黒の素材を聞いてみましょう。もし迷っている服が違う素材のものであれば買っていただく価値はありますから、お店の他の洋服とコーディネートしてあげて、どんな着こなしが可能かご提案してあげましょう。

 

■季節やトレンドを感じる色を取り入れる

いつも同じ色の服ばから買ってしまうというお客様には、季節やトレンドの色を教えてあげましょう。たとえば、すでに持っている黒のボトムスにボルドーやワインレッド、マスタードやモスグリーンなど秋色のトップスを合わせるだけで、着こなしがぐっと秋らしくなります。春先なら、パステルカラーを上手に取り入れると華のある装いが作れます。

 

(まとめ)

服はコーディネート次第。せっかく服を買うなら、素敵な着こなしで着たいものです。お客様に服をおすすめするときは、ぜひコーディネート方法も教えてあげましょう。

お客様に教えてあげたい上手な服の収納法

 

 

 

お客様の中には服は大好きだけれど、収納するのが苦手という方が少なくありません。お客様にたくさんの服を楽しんでいただくためにも、収納のアドバイスをしてあげましょう。

 

■物の種類ごとに分ける

アウターやトップス、ボトムス、バッグ、スカーフなど、物の種類によって収納を分けます。同じ種類の物をまとめたほうが形やサイズが統一されているので見た目スッキリ、いつもきれいな収納が可能になります。また、どんな色柄の物があるのか一目瞭然なのでコーディネートを考えやすくなります。身につけるときも、順番に選んで合わせていくだけなので急な外出のときでもスピーディーに出かけられます。

 

■使用頻度ごとに収納する

収納は使いやすさが基本です。よく使う物はまとめて手前のすぐ取り出せる場所に収納し、季節ものなど活躍頻度の低い物は奥に収納しておきましょう。奥からガサガサ物を取り出さずに済むので、収納スペースはいつもきれいなままを保てます。

 

■数が多いものは見える化する

Tシャツなど何枚もあるものは、在庫管理をして二度買いを防ぐためにも、できるだけ見えるように収納します。たとえば、上下に重ねて引き出しに入れるのではなく、手前から奥へコンパクトに畳んで収納すれば、どんな色柄のものを持っているのかすぐに分かります。イメージとしては「縦に、立てて」収納する感じです。

 

■押入れにはキャスター付き&ハンガーラックを

和室にある押入れは、なかなか使うのが難しい収納スペースですが、ここを活用しないともったいないことに。まず、下段はキャスター付きの収納ボックスをおすすめします。かがんで物を取り出さなければならずデッドスペースになりやすいので、できるだけ手軽に引き出せる収納がベスト。掃除もしやすくなります。上段にはハンガーラックを置きましょう。クローゼットのハンガーだとどうしても下のほうがスカスカになってしまいデッドスペースになりやすいのですが、この点押入れの上段なら空間をムダにせずに済みます。

 

■同じ収納ボックスで見た目すっきり

気に入った収納方法が見つかったら、収納ボックスは同じものを揃えると見た目も美しくインテリアにもなります。スタッキングできるものや好きな高さ・サイズにカスタマイズできるものもあります。

 

(まとめ)

「もっと服を買いたいけど収納場所がなくて…」というお客様が来店したときには、ぜひここで紹介したような収納のコツを教えてあげてください。片付け方が分かれば、きっと、お店でのお買い物をもっと好きになってくれるはずですよ。

販売員が知っておきたいマナー:贈ってはいけないNGギフト

 

店舗で販売員をしていると、お客様に贈り物のマナーについて相談されることが意外と多くあります。そこで、今回はシチュエーションごとに避けるべき贈り物をまとめてみたいと思います。

 

■結婚祝い

結婚祝いは縁起が悪いものを最も避けるべきギフトです。割れやすいガラス製品や、縁が切れることを想起させる刃物はNGです。「手巾」と書くハンカチも手切れをイメージさせるのでNGです。葬儀をイメージさせる日本茶もいけないとされています。また、数も重要で、カップルを表す2個、ペアセットは問題ありませんが、それ以外の割り切れる偶数は避けたほうが無難です。

 

 

■新築祝い

念願の我が家を手に入れた方へ贈るギフトには、火事を連想させる赤いものは避けた方が無難です。特に注意したいのが、フルーツを贈る場合です。フルーツにはりんごやいちごなど赤いものも多いので、なるべく赤くない種類を選ぶか避けるようにしましょう。ちなみに、のしをつける場合の表書きですが、一戸建てを建てた場合だけでなく新築マンションを購入した場合でも「新築祝い」です。中古住宅・マンションを購入した場合は「引越し祝い」とするのが一般的です。

 

■結婚の報告

結婚する相手方家族へのご挨拶や、親族や仲人への結婚挨拶などで相手先を訪問する場合の手みやげは、縁起の良い物を選ぶのがマナーです。たとえば、2つのものがペアで一つのお菓子になっているもの(最中、どら焼きなど)は好まれます。また、切らないで一本まとめて贈れる羊羹やカステラ、バウムクーヘンなどもよいです。気をつけたいのはおせんべい。割れてしまうので、結婚報告の手みやげとしては良くないとされています。

 

■快気祝い・退院祝い

病院から退院した場合に贈るお祝いには、縁起の悪い贈り物はNGです。特に注意したいのが花を贈る場合です。「根付く、寝つく」というイメージがある鉢植えの花は避けましょう。切り花でも、「死・苦」を連想させるシクラメンや葬儀に使う菊はNGです。また、首から花がぽとりと落ちるチューリップやツバキも避けましょう。また、病み上がりの方に贈るので、香りが強い花も避けるべきです。優しい香りがして明るいカラーの、元気が出る花を贈ってあげましょう。

 

(まとめ)

贈り物はあくまで気持ちが大切ですし、今ではあまり気にしない方も増えていますが、贈られる側のことを考えるとやはりマナーには気を配っておくべきです。お客様に相談されたときには、ここに挙げたようなことをぜひ参考にしてアドバイスしてあげてください。

販売員が知っておきたいマナー:ギフトの金額相場とマナーについて

 

 

来店されるお客様の中にはギフト選びで訪れる方もいますので、販売員としてはそのようなお客様の悩みにも答えられなければなりません。そこで、少しレアなケースでの金額相場やマナーについてまとめてみました。

 

■入学祝い

お祝いは基本的におつきあいや身分関係が濃ければ濃いほど高くなり、年齢が上であればあるほど一般的には高くなります。入学祝いの場合、小学校入学なら、親戚なら10,000円〜20,000万円程度、友人なら5,000円〜10,000円程度が相場です。中学・高校の場合は、これよりもさらに5,000円程度アップします。ランドセルなどを贈るほかには、品物ではなく現金を贈ることが多いようです。

 

■昇進祝い

知り合いや取引先の人が社長や役員に就任した、肩書きが上がった場合には、職場全体でお祝いを贈る場合と個人的にお祝いを贈る場合があります。職場で贈る場合のほうが金額的には高く、社長就任の場合で5万円程度、役員就任の場合で3万円程度、昇進の場合で1万円程度が相場とされています。個人的に贈る場合はもっと低めの金額で構いません。おつきあいの度合いによっても異なります。

 

■銀婚式・金婚式

結婚25年、50年の節目を祝う銀婚式・金婚式。滅多にないお祝いなので、どんな祝い方をしたらよいのか迷う場合も少なくありません。他のお祝い事とは違い、祝い方や金額に細かなルールがあるわけではありません。家族で話し合ってパーティーを開いたり、旅行をプレゼントしたり、夫婦の名前入りの夫婦食器や結婚した年のワインを贈るケースも多いようです。相場としては、子どもや孫などが数名で贈る場合は30,000円程度から、銀婚式や金婚式に招待された場合のお祝いとしては5,000円~10,000円程度のお祝いを用意するとよいでしょう。

 

■手みやげ

ちょっとお宅にお伺いするのに手みやげをという場合も多いですが、どの程度の物を持っていけばいいのか、意外と悩むものです。一般に「菓子折り」を持っていくといいますが、菓子折りとは「折り箱入り菓子」のことを指します。もともとは木箱に入ったお菓子のことをいいましたが、今は紙箱入りのものが一般的です。金額的には3,000円前後くらいで大丈夫ですが、相手との関係や訪問の目的に合わせてもう少し高い物を選ぶ場合もあります。

 

菓子折りはいわば高級なお菓子で礼儀正しい手みやげなので、目上の方のお宅にお邪魔する場合全般に使えます。渡すときは必ず紙袋から出し、正面を相手に向けて渡します。のしをつけた場合は、表書きが相手から見て上に見えるように渡します。

 

 

(まとめ)

いざ聞かれると意外と迷うのが、どのくらいの値段のものを贈ればよいのかということです。もしお客様に聞かれたら、ここでご紹介したことを思い出してスマートに教えて上げて下さいね。

お客様にアドバイスしてあげたい旅行の必需品とは

1

 

販売員はお客様さまのいろいろなニーズに応えなければなりません。来店されるお客様の中には、旅行を予定している方もいます。そこで今回は、旅行に持っていくとよいグッズについてご紹介します。

 

■エコバッグ

旅先で買ったお土産を一つにまとめておくのにとても便利です。アジアなどレジ袋が有料のところや、市場など手提げ袋をつけてくれないところでの買い物でも慌てずにすみます。

■入浴剤

温泉に行く場合は不要ですが、ホテルステイの場合はぜひ持っていきましょう。特に、シャワー派ではなく、バスタブにお湯を張るのが好きなお風呂派の方は必要です。お湯を張っただけのさら湯は肌への刺激が強いため、疲れを取るどころか逆に体を疲れさせてしまう危険性があります。

 

■日焼け止め

旅先の紫外線対策は重要です。肌に直接つけるものは普段から使い慣れた物のほうが安心して使えますから、基礎化粧品だけでなく日焼け止めも普段使っているものを一本もっていきましょう。特に海外ではコスメ類が肌に合わないこともあるので、しっかり準備していったほうが無難です。

 

■携帯用カイロ

対応季節や旅行先にもよりますが、携帯用カイロを一つ持っていくと便利です。旅先で想定外の寒さに見舞われた場合でも、カイロが一つあれば服の予備がなくてもしのげます。薄くて小さく、バッグの中でもかさばらないのでおすすめです。

 

■スカーフ

スカーフは寒さ対策にもなりますし、服をクラスアップするのにも役立ちます。旅先で少し改まった場所へ食事に出かけるときにも使えます。

 

■ファスナー付きビニール袋

旅先ではこまごまとしたものが結構出ます。濡れた物を入れたり、食べかけのお菓子を保管しておきたいこともあります。そこで活躍するのがファスナー付きビニール袋です。密封度が高いので細かいものを薄くきちっとしまうことができます。

 

■S字フック

ちょっと物をかけておきたいときに役に立ちます。2つ持っていけば、ロープを渡して洗濯物をかけておくスペースも作れます。

 

■てぬぐい

最近注目を集めている和小物・てぬぐいは旅先でもとても役に立ちます。薄くて場所をとらないので大小2枚ほど入れておけば、タオル代わりに、バスタイムのボディスポンジ代わりに、収納袋代わりにとさまざまな場面で便利に使えます。

 

(まとめ)

接客では幅広い提案力が必要です。旅行に出かけるお客様に対しては、旅支度についての豆知識などもお話できれば会話も弾みます。ここにご紹介したことをぜひ実際の接客でも活用してみてくださいね。

おしゃれ小物の豆知識:帽子編

 

おしゃれ好きな方なら必ず一つは持っているアイテム、帽子。着こなしの素敵なアクセントになってくれますよね。そこで、今回は帽子の豆知識についてご紹介します。

 

■ターバンも実は帽子

中東やインド、トルコなどで主にイスラム教徒が被っているターバン。一見ヘアバンドのように見えるターバンですが、実は布地を頭に巻き付けていくタイプの帽子の一種です。今はファッションアイテムとしても浸透しており、頭をすっぽり包むニットタイプのものもターバンと呼ばれています。ファッション性と保温性に優れた帽子です。

 

■顔立ちに合わせた帽子を選ぶのがコツ

帽子を選ぶときは、顔の形に合わせた帽子を選ぶのがコツです。メガネもそうですが、顔の形に合わないものを身につけてしまうと、その顔立ちが余計に強調されてしまうからです。丸顔の方なら丸みを帯びた帽子が似合いますし、四角いベース型の顔立ちの方なら角張った帽子が似合います。

 

■帽子のサイズはどうなってる?

帽子にはSMLなどのサイズや、54・55・56などのサイズ表記がされています。これは頭のサイズで、一般的に、帽子を被ったときのライン、後頭部の一番高い部分から2cmほど下がったところから耳の上、額を通るラインを測ります。髪の厚みもあるので、指一本程度の余裕をみておきます。帽子の形によってもサイズは変わってくるので、できれば実物を実際に被って確かめるのがおすすめです。

 

■帽子選びに迷ったら・・・

せっかく可愛い帽子を買ったのに一度も出番がなかったという方もいるでしょう。帽子は服と同じくらい形や色が豊富なので、持っている服に合わせて買わないと被りにくくなってしまいます。帽子を買うときは合わせる服をイメージすると同時に、手持ちの小物類との相性を考えて選びましょう。バッグや靴、ベルトやマフラーなど、その帽子と一緒に使いそうなものを具体的に思い浮かべて選ぶと失敗しません。

 

■帽子を脱がなければならないときとは?

基本的に室内では帽子を脱ぐのがマナーだとされています。ベレー帽などファッションの一部になっているものは、脱がない方も多いようです。女性の帽子はアクセサリーのようn扱いを受けるので、あまり神経質になる必要はありません。ただし、高級レストランやホテル、家の中などでは、ベレー帽のような帽子であっても脱いだ方がよいでしょう。

 

(まとめ)

最近では気軽に帽子を楽しむおしゃれな方が増えてきました。店舗でお客様に相談されたときには、ここでご紹介したような話を役に立ててください。

販売員なら知っておきたいレザーのお手入れ方法について

 

ファッションアイテムの素材として非常に活躍度が高い革。使えば使うほど味わいが増す素晴らしい素材ですが、本革を美しく使い続けるには日頃のお手入れが欠かせません。そこで販売員として知っておきたい革のお手入れ方法についてまとめました。

 

■革は乾燥に弱い

革は乾燥させてしまうと、ひび割れてくることがあります。いつまでも艶やかさとしなやかさを保つためには、使う前にオイルを塗ることをおすすめします。オイルはメーカーや取り扱い店舗などで手に入れることもできますし、市販のミンクオイルでも大丈夫です。表面の汚れを軽くブラッシングで落としてから、柔らかい布にオイルを少しずつ取って、革製品に薄く塗り込んでいきます。レザーによっては変色する場合もあるので、目立たないところでチェックしてから塗って下さい。オイルを塗ることで雨や汚れにも強くなります。

 

■雨に濡れてしまったら?

外出時に革製品に雨があたってしまった場合には、そのまま放置してしまうと、雨が当たったところだけが変色したまま水染みとして残ってしまうことがあります。雨で濡れてしまったら、柔らかい布を水で濡らして、全体が雨が当たって変色している部分と同じくらいの濃さになるまで丁寧に拭いていきます。そのあと、乾いた布でそっと水分を抑え、自然に乾かします。ドライヤーを使って高温で乾かすのは厳禁です。乾いた後は、ケア製品で革に栄養補給をします。

 

■起毛革が変色してしまったら?

スエードのような起毛革は、こすれた部分の毛が寝てしまい、黒く汚れてしまうことがあります。この場合は、専用のクリーナーできれいにすることが可能です。全体的に白っぽく汚れてしまった場合には、クリーナーと保革剤を兼ねたものが市販されているので、それをスプレーして、生ゴムブラシでブラッシングし毛並みを復活させていきます。

 

■カビが映えてしまったら?

革はほかの素材と比べてカビが生えやすい素材です。もしカビが生えてしまったら、まずは風通しがよいところでカビをそっと払います。見た目のカビはこれでほとんど取れますが、見えないカビが残っていることがあるので、カビ除去効果のある専用クリーナーをスプレーし、柔らかい布で拭き取っていきます。数時間風通しのよい日陰に置いて乾かしたら、革に栄養補給できるケア製品を塗り込んでいきます。クリーニングの後は革が乾燥しているので、必ず栄養補給してあげましょう。

 

(まとめ)

きちんとお手入れすれば革はどんどん魅力を増していきます。お客様に本革製品を売るときは、お簡単なお手入れ方法も合わせて教えてあげてください。