お客様によく聞かれるフォーマルウェアの豆知識2

 

 

 

 

なかなか難しいフォーマルウェア。いろいろな決まりがありますから、もう少し詳しく勉強しておきましょう。

 

■正礼装・準礼装・略礼装の着分け

3つのフォーマルウェアは、シーンごとにおよそ次のように着分けることができます。

・正礼装…結婚式や披露宴(主催者)、式典、入学式、卒業式など

・準礼装…結婚式や披露宴(招待客)、祝賀会、パーティーなど

・略礼装…「平服で」とある二次会やレストランパーティー、音楽会など

 

■昼の礼装と夜の礼装の着分け

昼と夜を分けるのは、17:00〜18:00前後。この時間より早いなら昼用の礼装、遅いなら夜用の礼装にします。

 

■靴のマナー:男性編

男性の場合は、黒い革靴で、つま先部分に横一文字の切り替えがついた靴(ストレートチップ)がフォーマル靴になります。紐靴で、紐通しの部分が内側についている「内羽根式」が正装の靴です。葬儀では光沢がないものを履かなければならないので、エナメル素材ではなく革靴で黒のストレートチップを一足揃えるとよいでしょう。

 

■靴のマナー:女性編

いろいろなタイプがある女性の靴。まず、フォーマルな場ではNGの靴を知っておきましょう。以下のような靴は、フォーマルには使えません。

 

× サンダル、ブーツ、オープントゥ、ヒールなし

 

6cm程度のヒールがあるパンプスが女性のフォーマル靴になります。素材は、エナメルが一般的。ツヤがあって華やかな席にピッタリです。ヒールが高い靴を履き慣れていない場合や妊婦さんは、3cm程度の低いヒールでもよいですが、ビジューやリボンをつけるなど、華やかさを出す工夫をするとよいでしょう。

 

■バッグのマナー

喪服に合わせるバッグは、黒でつやがないものを選びます。かつては殺生をイメージさせるとしてNGだった革のバッグですが、最近ではあまり気にされなくなってきているようです。クロコダイルなど明らかに動物をイメージさせるものでなければあまり問題ないといえます。

 

結婚式のバッグはドレスに合わせた華やかなものを選びます。ビジューやスパンコール、パールなどがついていて、ベージュやゴールドなど明るい色合いのバッグがおすすめです。サイズは小ぶりなものがフォーマルです。革ではなく、サテン地などを選ぶようにします。

 

NGなバッグは次のようなものです。

・ブランドのロゴが目立つバッグ

・トートバッグやボストンバッグのような大きなバッグ

・布製、ビニール製

・アニマルプリント

・キャラクターバッグ

・ファー製品

 

■パンツドレスも人気

女性のフォーマルといえばワンピーススタイルが定番でしたが、最近は芸能人の着こなしの影響もあって、パンススタイルも人気です。パンツですがエレガントで、パンプスや大きめのアクセサリーにもぴったり合うのがポイント。フォーマルにふさわしい格を備えたパンツスタイルです。

 

(まとめ)

フォーマルには昔からのルールもありますが、その時代の流行などもあります。「その場にふさわしい装い」ということを意識しつつも、モードも上手に取り入れていきたいものですね。

この仕事に応募する ≫


 この仕事に応募するのではなく、希望するお仕事の条件をじっくり相談されたい方。今すぐは働かないけど、登録しておいて新しいお仕事の情報が知りたい方などは、まずはお気軽に弊社にご登録下さい。☆まずは登録予約してみる☆ ≫