プロのアパレル販売員の第一歩! ブランドの特徴を知るノウハウとは

9f3da3b5660aad2388ccab99946ee6a0_s

おはようございます。大阪マネキン紹介所です。

 

アパレル販売員を目指すみなさんのなかには、求人を出しているショップを見に行ったことがあるかたもいると思いますが、どのお店のスタッフも自然な流れで接客していますよね。

 

今回は、スムーズな接客対応に欠かせない “お店の商品を知るために必要なノウハウ” を解説します。

 

ブランドコンセプトを知る

アパレルショップのブランドには、デザイナーの有無にかかわらずコンセプトがあるものです。

アパレルブランドのコンセプトとは、ターゲットとする層やニーズを定めたうえで考えられたイメージを指し、そのイメージに沿ったものがデザイン化されます。

そのコンセプトを理解することで、お客様へのコーディネート提案や店頭着用にも反映させることができるようになります。

 

ターゲット層を知る

ターゲット層とは「20代前半~30代半ばのOL層」のように、そのブランドやショップの服を着ていただく年代やタイプ、ニーズをもったお客様のことで、ブランドやショップが考える対象の層を知ることも大切になります。

ただ、同じブランドであっても、ファッションビルと百貨店、駅に隣接する地下街と路面店というように、商業施設の属性や立地によってターゲット層も大きく変化するのも特徴的です。

 

サイズ感を把握する

基準とするサイズはブランドのよって異なるため、同じMサイズや9号でも大きさに違いがあります。

これは、ターゲットとする年代の標準的なサイズが異なることもありますが、ブランドごとにベースとしている洋服の型紙の違いも大きく影響しています。

アウトドアでも使えるカジュアルアイテムをメインとしているブランドの商品より、OL層が休日に着用することを前提に作られたブランドのサイズのほうが細く作られています。

自分が配属されたショップのサイズ感を把握しておくと、お客様の体型やサイズを考慮しながら対応することが可能になります。

 

 

 

紹介先のショップやブランドの特徴を知ることで、日々の接客対応がとてもスムーズにできるようになります。

店長や先輩スタッフにも積極的に聞きながら、ブランドや商品の理解を深めていきましょう!

販売員が心がけたい!接客をスムーズにする話し方について

おはようございます。大阪マネキン紹介所です。

接客業で大事なことの一つに、お客様応対時の話し方があります。販売員の話し方一つで、お客様の気持ちが大きく変わりますから、現場に立つ人はぜひ知っておかなければなりません。具体的にどんなことに注意すればよいのかまとめてみます。

 

正しい敬語を使う

基本的なことですが、接客業の基本は正しい日本語です。丁寧に対応しようとするあまり、おかしな敬語を使っている店舗スタッフを見かけます。「○○致しますか?」は正しくは「○○なさいますか?」、「こちらでよろしかったでしょうか?」は「こちらでよろしいでしょうか?」です。

 

お客様の言葉を繰り返す

「次の旅行に着ていく服を探してるんだけど。」そうお客様に言われたら、「ご旅行に着ていく服をお探しなんですね。」と相手の言葉を繰り返します。まずはしっかりお客様の気持ちを受け止めましょう。その後、「○○されるなら、こちらのシャツはいかがでしょうか。この秋の新作です。」とおすすめするとスマートです。

 

上手に相づちを打つ

接客は商品の売り込みをするものではありません。お客様が本当に欲しいと思っているものを聞き出してご提案するのが仕事です。お客様のニーズをしっかり掴むには、何よりもお客様の話を聞く姿勢が大事です。最初は話しにくそうにしている方でも、販売員が上手に相づちを打って聞くうちに打ち解けて本当に探しているものを教えてくれます。

 

「そうなんですね。」「なるほど。」「○○ということですね。」と答えると、お客様は話をちゃんときいてもらえていると安心感を抱いて、いろいろな情報を話してくれます。

 

分からないことは分からないと言う

お客様から何か聞かれて、知らないのに知っているふりをしてしまうことがあります。販売員なのに知らないなんて恥ずかしいという気持ちがあるかも知れませんが、知ったかぶりをして間違ったことを伝えれば、かえってお客様からのクレームになってしまいます。分からないことは「申し訳ございません、お調べ致します。」「ただいま確認して参ります。」と言いましょう。

 

ご説明はハキハキと

商品の説明をする際は、要点を短く言いましょう。「こちらは○○で、○○なので、○○なんですが…」と延々と言葉をつなげる説明は、聞いていて疲れます。お客様が聞きたい事があっても口を挟めません。「こちらは○○という特徴がございます。○○の方におすすめです。」といったように、短文・単文(主語一つに述語一つ)を心がけるようにしましょう。

 

自然な笑顔でコミュニケーション

どんな会話も、笑顔がなければ不快な印象を与えます。作り笑いでなく、自然の笑顔で応対しましょう。商品を売ろうとするのではなく、会話を楽しむつもりでお客様に接することが大事です。

 

 (まとめ)

お客様に良い印象を持ってもらい、相談にのり、最良のご提案をするのが接客業です。素敵な話し方のできる販売職のプロフェッショナルになりましょう!

 

アパレル販売員の基本スキル “スムーズな電話対応に必要なノウハウ”

 

 

秋の実売期でもある9月も後半になると、アパレル販売員は接客対応以外の業務も繁忙となります。

そのなかでも苦手な人も多い業務のひとつ、スムーズな電話対応に欠かせないノウハウを詳しく解説します。

 

かかってきた電話はできるだけスピーディーに取る

一般的なビジネスマナーでは、かかってきた電話は3コール以内で取るのが理想とされていますが、接客中などは電話が取れない場合も多くあるものです。

なんらかの理由で3コール以上鳴ってから電話を取った際には、「大変お待たせいたしました」と伝えてから店名を名乗りましょう。

 

ワントーン高い “笑声” で話す

人の声は、受話器を通すと普段よりも低くこもって聞こえてしまうのでワントーン高い声で話すように心がけましょう。

また、お互いの顔が見えない電話対応では相手の様子や表情は声で判断されることも多くなるため、実際に表情を笑顔にしながら話す “笑声”(えごえ)で話すことも大切です。

電話対応が慣れていない人でも、この2つに気を付けて話すことで相手に好印象を与えることができます。

 

適切なあいさつを忘れない

お客様からの電話には「いつもありがとうございます」、社内や商業施設からの電話では「お疲れさまです」、取引先からの場合は「いつもお世話になっております」というように、相手によって適切なあいさつが必要です。

 

かけ直す場合の対応

接客中や不在により当事者が電話に出られない場合は、「申し訳ございません、ただいま席を外して(接客中で)ございます。1時間ほどで戻る予定となっておりますので、こちらかご連絡いたしますか?」などと伝えます。

そして、お名前と連絡先を伺った際には連絡先の確認を行いましょう。

 

静かに電話を切る

電話はかけたほうから先に切るのが基本的なマナーになりますが、お客様との電話の場合は先方が電話を切ってから受話器を置きます。

また、フックを指で押して静かに電話を切るのも推奨されています。

 

 

 

アパレルショップの来客数が増える時期は、お客様からの問合せや本部からの業務連絡も必然的に多くなります。

スムーズな電話対応ができるようになれば、希望する求人にも自信をもって応募できますね♪

プロのアパレル販売員に近づける! 秋冬アピールができる3つのコツ

5e6a7049d9cd4272b1c993f887cd0dd7_s

 

本格的な秋物がお店に並ぶ8月中旬以降は、アパレル販売員の店頭着用やヘアメイクといったビジュアルも秋テイストにシフトさせます。

 

そこで今回は、秋の新商品をより秋冬らしく着こなすために欠かせないヘアメイクとコーディネート方法について解説します。

販売員としての情報だけではなく、お客様へのアドバイスとしても活用してくださいね♪

 

暖かみのある秋メイクに切り替える

夏にトレンドとなった艶肌メイクにマットな質感をプラスしたセミマットなベースメイク、眉頭を強調したストレートな太眉、太めのアイラインを目尻で跳ね上げたキャットアイメイクは2016~2017年秋冬のトレンドメイクとなっています。

また、リップカラーでは赤に黒をブレンドしたようなダークレッド、色味をおさえたカラーレスリップの二極化も特徴的です。

今年のトレンドカラーでもあるグレーカラーを中心にしたスタイリングには、ダークレッドのリップとレッドカラーの小物をコーディネートしてみましょう。

 

ヘアカラーを秋らしく

アパレル販売員のヘアカラーも季節感をアピールする重要なツールのひとつになります。

具体的には、夏に多くなりがちなイエロー系のヘアカラーから暖かみのある赤やピンク系をベースにしたブラウンカラーに切り替えます。

派遣先のブランドによっては黒髪をベストとするショップもあるため、お店のテイストに合わせたヘアカラーを取り入れるようにしましょう。黒髪であれば、今年のトレンドでもあるウェットヘアがおすすめです。

 

ファーアイテムを取り入れる

2016~2017年秋冬のトレンドでもあるファー付きデザインは、最も簡単に秋冬イメージがアピールできるアイテムです。

サンダルやブーティー、ブーツなどにファーをあしらったデザインや、ファー付きのハットやヘアアクセサリーも秋冬コーデが先取りできます。

 

 

 

アパレル販売員には、ショップイメージと季節感をアピールしながら店頭着用商品をより魅力的に見せることが求められます。

トレンド情報を敏感にキャッチしながら、ブランドのテイストに合わせたヘアメイクと着こなしでお客様のお手本となるプロの販売員を目指しましょう!

販売員になって良かった! アパレルショップで働く3つのメリット

 

 

「憧れのアパレルショップで働きたい!」という気持ちから、アパレル販売員を目指しているかたも多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、アパレルショップで働くことでどのようなメリットがあるのかをお話しします。

 

好きな洋服を安く購入できる

所属するショップの洋服を売値よりも安く購入できることは、アパレル販売員の最大のメリットといえるかもしれません。

もちろんお店ではお客様が優先となるため、生産数量の少ないアイテムやあまりにも人気が高い商品などは販売員が買えない場合もあります。

販売員は動くマネキンといわれているように、あくまでもお店の売り上げを伸ばす、お買い上げいただくために商品を魅力的に着こなすといった目的を忘れずに店頭着用することが大切です。

 

ファッションセンスが磨かれる

アパレルショップで働いていると、ファッションに関する情報を耳にする機会が増え必然的にファッションセンスが磨かれていきます。

また、そのシーズンのトレンドファッションに関する勉強会や講習を行うメーカーもあり、トレンドアイテムの着こなし方やコーディネートパターン、海外ブランドのコレクション情報など、普段は知ることができないファッション情報を聞くこともできます。

 

さまざまなショップのスタッフと顔見知りになれる

同じ商業施設にあるアパレルショップでは、それぞれのショップスタッフがほかのお店を見に行くことも珍しくありません。

欲しい商品や見てみたいアイテムが入荷した際に教えあったり、お互いのお店の情報交換を行うなかで交友関係を広げていくこともできます。

このような、社外からの情報やコミュニケーションも販売員としてのスキルアップにつながる大切な要素のひとつになります。

 

 

 

アパレル販売員は、さまざまなファッション情報を得ることができるので、ファッションアドバイザーとして家族や友人から頼られることも多くなります。

お客様に限らずたくさんの人たちに喜ばれる情報をスムーズに提供できることも、アパレル販売員の大きなメリットともいえそうですね♪