アパレル販売員は誰にでも簡単にできる仕事なのか?

大阪マネキン紹介所の現役販売員オマネキ(仮名)です。

 

アパレル販売員は誰にでも気軽にやってみることはできる仕事ですが、誰にでも簡単にできる仕事ではありません!

販売員さんたちは「販売は誰にでも簡単にできる仕事だから〜」と、自虐的に言うことがあります。

 

ですが、販売員を4年やった後、25年間内勤の仕事をしていた私からすると誰にでもできる仕事とは到底思えません。

 

事務職を長くやっている事務員さんは、人にお礼を言ったり、人に頭を下げたりすることが苦手です。

 

以前勤めていた会社の私の歓迎会で、長年事務職だけをしていた女性社員さんから「オマネキさんは、前は何の仕事していたの?」と質問されたことがあります。

 

「以前は営業職を2年ほどやりました。色んなクライアントさんがいて、頭を下げて回ることも結構ありましたよ。」と言ったところ、「私は人に頭を下げるなんて絶対にできない!無理!」と言われました。

 

その会社で私は16年働いたのですが、その言葉通り、その女性は人に頭を下げることができない人でした。

 

それ以外の事務員の女性も謝ることができない人がたくさんいました。それによって、人間関係に支障をきたしている人も数多くいたのです。

 

販売職の経験がある人は、人に対して柔軟な対応ができる人です。

販売員さんは人を観察することも仕事のうちです。

 

そのため「このお客様は話しかけて欲しくない人だな」とか「一緒に考えて欲しいお客様だな」ということがわかるようになります。

 

それは誰にでもできることではありません。できる販売員さんほど、人の気持ちをよく考えています。

 

商品を購入してくれたお客様に感謝の気持ちを持っているため「ありがとうございました」と頭を下げることを苦だと思っていません。

 

販売員さんは接客の仕事をしながら、ストックの確認をしたり、売上を管理したり、難しいレジ操作や発送手配など仕事は多岐にわたります。専門的な知識も必要です。

 

「誰にでもできる仕事」だと思っている販売員さんは、普段からそれらの仕事をすべてこなしているため「簡単」だと思い込んでいるだけです。

 

慣れるまでは誰にとっても仕事は難しいですが、慣れてしばえば誰にとっても仕事は簡単に思えるのです。

 

最初に書きましたが、販売員は誰にでも簡単にできる仕事ではありませんが、誰にでも気軽にやってみることはできる仕事です。

事務職しかしたことがない人でも、ぜひ気軽に応募してくださいね!

関連記事→ 事務職から販売職に転職できますか?

 

興味はあるけど今まで販売員をやったことがない人には、ぜひ販売員の仕事を試して欲しいです。

慣れるまでは大変ですが、慣れてくると本当に楽しい仕事です!

 

人から感謝されながらできる仕事って、そうそうないですが、販売員の仕事はお客様から「一緒に選んでくれてありがとう!」「あなたがいるからまたお店に来るわ!」と言ってもらえる仕事なのです。

 

ぜひ求人検索をして、やってみたい仕事があれば応募してみてください!

【全求人情報一覧はコチラをクリック】

【お仕事検索はコチラをクリック】

【ご登録予約はコチラをクリック】

【現役販売員オマネキのブログ記事一覧はコチラ】